山春建設 建築士 山田のブログ

災害対策

2018.10.05

台風の前に!

こんばんは!

あっという間に週末ですね。

今週は前回の台風が残した爪痕の修理、修繕に追われ大忙しの一週間でした。

次の台風は、前回ほどの大きな影響はないとのことですが、

直すところは直しておかないといけません!

めくれてしまった鉄板葺き屋根です。

週末の台風が来る前に、応急修理を。

これでひとまず安心、大丈夫です!

本格的修理は、来週スタートです!

2018.10.04

外壁塗装

こんばんは!

台風が週末にかけてやってきますね。。(+_+)

天気予報をこまめに見る毎日です。

なかなか優れない天気の合間を縫って、今進行中なのが、

沼津市内沿岸部の築30数年のお宅の外壁塗装とバルコニー7の防水塗装です。

立地や壁の種類にもよりますが、外壁塗装は10~15年に1度は塗り替えるのが理想です。

家を建ててから何度かは外壁塗装をやらなくてはいけない、という情報はご存じの方が多いのですが、

いつやるのがベストなのか?というのはなかなかプロでないと判断がつきませんよね。

当社に塗装のご依頼をしてくださるお客様も頼んだものの本当はいつやっていいのかわからない、というのが

一番リアルな声です。

なのでまずはご相談ください♪

まずは国家資格を持つ塗装の専門業者が調べてしかり判断します!

無理に工事は勧めません。

専門業者が客観的に見るので、まだやらなくていい、という返事もあり得ます。

そういう時はいつがベストなのかもお伝えします!

今回のこちらのお宅は、

30年以上頑張ってくれた外壁とバルコニーが

ピカピカになりました!(^^)!

沼津は風が強い場所が多く、特に潮風とは切っても切れない場所です。

これからもしっかりメンテナンスしていきたいです!

2017.02.01

浴室・トイレが寒いとお感じの方へ

 浴室が寒い、滑りやすくて不安
キッチンが老朽化
トイレ・洗面所をキレイに、使いやすくしたい
とお考への方へ


2/11(土) 2/12(日) 10:00~15:00
水回りリフォーム相談会開催!

沼津市柳町1-55 リクシル沼津ショールームでお待ちしております。
営業マンではなく、現場経験豊富な一級建築士に直接相談できます。


水回りの設備改修に併せて間取りの変更の相談もお受けしています。
ご予約されるとスムーズです。
TEL 055-963-1918
担当 090-1414-7388
mail   takashi@yamaharu-k.com

2016.10.25

駐車場整備

医院さんの駐車場の工事。
今回は
① 開業時に植えた椎の木の除根(根っ子の掘り起し)、跡地をコンクリートで駐車場に補修
② 駐車場区画線のタイルの破損劣化を撤去して御影石を埋め込む
という外構工事をさせていただきました。


樹齢27年の木があったようです。後ろにあるレンガの花壇を壊さないように根を撤去します。
木は枝張りと同じくらい根を張っていますので、慎重に行います。


掘り起こされた根っ子。花壇もヒビ一つなく無事でした。

着工前の駐車場
  

  
区画線のために張ってあったタイルは車の重量や衝撃で剥がれています。


コンクリートカッターを入れてタイル部分だけきれいに解体しました。


石張りの様子。サイコロ状の御影石を埋め込んで固めていきます。

 
完成。木の根を撤去した穴も良質土で埋め戻し、コンクリートでしっかり補修してあります。


完成した駐車場。御影石はコンクリート中に5㎝程度埋まっているので車の重さや衝撃で剥がれたり、割れたりすることはありません。もう安心です。

2016.10.22

ダウンライト火災に注意

 

ダウンライト火災に注意呼びかけ、過去最悪のペースで発生

先日のニュ―ス

「天井などに設置されたダウンライトが原因となった火災が今年、過去最悪のペースで発生していて、東京消防庁が注意を呼びかけています。
クローゼットなどに収納された布団が天井に接触した状態でダウンライトを点灯させた実験の映像です。点灯からおよそ5分後、白い煙が出てきて、1時間後には布団から火が出て完全に燃えてしまいました。
東京消防庁によりますと、ダウンライトが燃えやすいものに長時間接触したことによる火災が今年に入ってから23日までに都内で12件起きていて、これは過去5年間で最も多いペースだということです。
特に10月は、衣替えなどで1年で最も発生の件数が多いということで、注意を呼びかけています。
TBS系(24日11:33)」

下図は蛍光管・白熱電球・LED電球の発熱試験の結果ですが、白熱灯を使用したダウンライトは点灯直後から
急速に温度が上昇し、10分後には120℃に迫ります。
一方LED電球や蛍光ランプは40℃程度です。


衣服などが知らず知らずのうちにダウンライトや白熱電球を使用した照明器具に触れていて発火することはよくあります。
また、天井裏の断熱材(断熱材を覆う紙部分)が焦げることもありますので、天井裏をのぞく機会がありましたら、ぜひ気にかけてみてください。

2016.10.19

停電対策

 高度成長期に造られたインフラが劣化・更新の時期に来ていることが最近注目されるようになってきました。
先日も埼玉県で送電ケーブルが火災を起こし、大規模な停電になりました。
いろいろな業務で電気が使えないことのダメージは大変大きなものになります。
当社の事務所もパソコンなど使用していますので、停電は困ります。
また停電だけでなくOA機器の使用、特にプリンタ-、コピー機、FAXは起動時に大きな電力を消費しますので、電圧降下という現象で事務所内の電力が一瞬足りなくなり、パソコンがダウンしてしまうことがあります。

そこで簡単にできる対策としてUPS(無停電電源装置)を取り付ければ解決します。

当社取り付け例



2016.09.17

工場の最速修繕2

先日ちょっと書きました、工場の最速修繕。
他にも細かい追加工事が出つつも操業停止期間中に大わらわで完成させました。
一部の画像です。

  

まず、錆びてボロボロの鉄骨を溶断撤去しています。
この時点では手前に写っている柱(鉄骨の柱)は、既にコンクリートで巻かれています。
からの、
  
ステンレス鋼の材料に交換しています。ここまで3時間です。
工事完了期限までに何としても完成させる、各業者さん・職人さんたちが団結して得た素晴らしい結果だと思います。

2016.06.16

制振装置の講習会に参加する

 大きな地震が続く日本列島。
これから新築やリフォームをお考えの方は地震対策の関心も高まっているのではないでしょうか。

当社では新築の家には標準で「油圧制振ダンパー」と取り付けていますが、さらに幅広い耐震・制振構造を提供するため、新開発の制振装置の説明会に行ってきました。

こちらは現在当社標準の制振ダンパーです。地震による家の変形を30%軽減します。


講習会で実演している新型制振装置。




壁の中に筋交いのように設置します。
一部がアルミ押出成形で作られたスリットになっていて、ここで装置の伸縮(=家の変形)を吸収します。
実演のあと質疑応答がありましたが、集まった皆さんは住宅建築の最前線でご活躍のプロばかり、鋭い質問が矢継ぎ早に出ていました。
当社もこの装置の活用方法を検討し、導入の可能性を探りたいと思います。
いろいろな建材の中から当社の家造りに最適なものを選びお客様にお届けする、常に勉強の日々です。

2016.05.16

耐震等級3

先日、定期購読誌に熊本地震の被害状況が載っていました。

家造りをお考えの方は「耐震等級」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
耐震等級は「品質確保に関する法律」(品確法)で定められています。
品確法は建築主が建物をどのような性能にしようかという物差しを提供していますが、その中で耐震等級は3段階あり、最高ランクの耐震等級3は、建築基準法の耐震性能の1.5倍の性能を有することとなっています。

建築基準法の耐震基準は大きな災害を受ける度に強化されていますが、あくまで「最低限の基準」です。
このレベルが「耐震等級1」となります。
耐震等級2は1.25倍、3は1.5倍となります。

上の写真の家は「耐震等級2」(右の家)となっています。
しかし震度7の揺れが2回も来たことで、構造躯体に被害が及んだようです。
耐震等級2は基準法の1.25倍必要だから、耐震強度は1.25倍にすれば良い・・ということではありません。
建築基準法レベルの耐震性能(耐震等級1)を1としたとき、求められる耐震強度は
「耐震等級2」で1.55倍
「耐震等級3」で1.86倍

にもなります。

耐震等級取得は別途費用で構造計算などを行い、確認機関に認定を受ける必要がありますが、山春建設の家は認定に関わらず、標準仕様で耐震等級3相当を確保していますから、建築機基準法レベルの家より強い耐震性を持っています。(計算の数値からの予測)


構造を検査している検査員さん

長期優良住宅でも「耐震等級2」を求められていますので、山春建設の家はオプションで性能の追加などを行わなくても、標準仕様のまま、認定を取得できます。

2016.04.22

地震対策  耐震補強工事

 先日の熊本地震は大変多くの方が被害に遭われ、多くの家屋が倒壊するなど甚大否被害が出ました。被災された方には一日も早く元の生活に戻られることを祈念いたします。

私の住んでいる沼津市も東海地震の脅威がささやかれて数十年になりますが、いつ来てもおかしくない状況にあるといえます。

当社は現在までに30棟を超える住宅耐震補強工事を実施し、現在も工事が進行している住宅があります。

内部の様子。筋交いを増設して耐震壁を造っています。
この上に構造パネルを張り、筋交いと構造パネルが一体化した強い耐震壁になります。

  

屋根工事も進行しています。
瓦屋根を下ろして軽い金属板屋根に葺き替えます。
人も頭の上に重い荷物を持っている時よりは軽い荷物のほうがバランスが取りやすいですよね。

  

あわせて外部の補修工事も行います。

写真は「破風」という屋根を構成する部位ですが、この家はモルタル塗りの上に塗装仕上げです。
この写真のひび割れは「等間隔に入っている」などいくつかの特徴から、モルタルの温度伸縮によるものと思われます。
対策は、ひびの程度や進行にもよりますが、エポキシ系の充填剤で注入補修した後、塗装の塗り替えを行うことが一般的です。

手前味噌ですが私、建築系国家資格に加えて「コンクリート診断士」という資格を持っておりまして、早く言えばコンクリートの医師です。
住宅建築業ではあまり必要ではありませんが、大きなコンクリート構造物、トンネル内壁、鉄道や道路の橋脚、ダムなどコンクリート劣化の早期発見が大切な現場では重要な資格です。
この破風の補修のように、おそらく多くの業者が「塗り替えたほうが良い」とアドバイスすると思いますが、当社は「なぜ塗り替えるのか」「どうしてこういう症状なのか」を丁寧にご説明しご納得を頂いて工事内容を決めいていきます。

住む人のために様々な視点からアドバイスできることも山春建設の大きな特徴です。

2016.03.26

80年の風雨に耐えて

新築以来80年の長きにわたり「家の顔」として役目を果たしてきた「破風」も強い風が当るこの地域では劣化が進み、傷みが激しいです。

 

左側は半分ほどなくなってしまっているので、交換することになりました。

破風を取り外したところ。家の構造体はまだまだしっかりしています。

新しい破風板(杉 無節)に交換です。破風が微妙に描く曲線は、時代や大工さんのセンスにより、家ごとに少しずつ違うのでお施主様の愛着はひとしおです。

取替えが完了しました。この上に保護塗料を塗って完成です。

保護塗料が乾けばもう少し色が薄く見え、光沢も落ち着きます。

こんなことできる?」と気軽にご相談いただける地元密着工務店、山春建設です。

 

2015.11.04

地盤改良

 沼津市の住宅 いよいよ本体工事が始まりました

地盤改良は建築場所の地質や周囲の状況によって実施するかしないか地盤調査の結果を精査して

検討します。近隣の方から「ウチはしていないけどここはするの?」と聞かれることがありますが

地質・家の形・重量など様々な状況から判断しますので、一概には言えない答えとなってしまいます。

写真中分かり辛いですが、地盤改良を行う位置に目印のピンに結んだ紐が見えます。

このお家は「柱状改良」を選択しました。

固化剤と現状地盤を柱状に攪拌混合して支持層に達する地盤杭を34本形成します。(深層混合処理工法

柱状改良機 全景

攪拌混合するビット部分 直径50cm

混合処理開始! 最近は機械も小型・低騒音化が進んでいます。

固化剤と混合された現状地盤(ソイルセメント)。 2m下の支持層に到達していることを毎回確認しています。

完成した地盤杭。

同じ規模の家でも、施工本数は地中での支持層の傾きや地盤のバランスで異なります。

地盤改良により平時に家が傾いたら5000万円の保証がついています。

ーーー良い家はしっかりした足元からーーー何十年も先を考えて提案する山春建設です。

2015.06.09

木造住宅の耐震補強 - 僧房の耐震改修工事

 沼津市静浦の馬込にある釣月寺さんの庫裏(住職さんの起居する所)の耐震補強工事です。

普通の木造住宅より軒が高く、1階分の柱が長く、瓦屋根で耐震上不利なことが多いですが、
外壁側十数か所の壁を耐震壁に改修します。
高台にあるこのお寺は災害時に避難場所になることが想定され、地元の人の拠所として護っていきたいものです。
  着工前 外壁はモルタル掻き落しです
    

解体 設計や工事の計画時に、外側から工事をすることを前提にするので、
家の 中に立ち入ることは少なく、汚れません。
 
筋交い設置 45mm×105mmの筋交い材を設置し、構造金物を取り付けます。
あわせて既存構造材の検査、必要により補強、防蟻剤の散布を行ます。
当社ではご相談をお受けしてからの調査、設計、補助金申請、工程管理・品質検査、材料検査、完成まで全てを、
耐震補強の専門資格を併せ持つ一級建築士専属で担当しています。

構造金物取付け
構造金物は筋交いの設置の方向や場所によって数種類を使い分けます。
全てが認定マークつきの金物です。
 
復旧完了  仕上げの塗装は既存の壁の色に近づけるよう調色します。

2013.03.16

津波避難ハシゴ設置

 こんにちは

しばらくブログをサボり気味でご無沙汰していました。m(_ _ )m
最近は地震・雷と「怖いもの」で話題が持ちきりですが、沼津は津波が心配ですね。
今回は津波の高さが13mと予想される地域にある建物に避難ハシゴを設置しました。
   住宅: 鉄筋コンクリート構造3階建
         屋上から上屋(ペントハウスといいます)にあがるハシゴです。


                     
この地域は海に近く塩害が想定されるためステンレス製です。
これで海抜3m+屋上まで10m+ペントハウス2.8mで16m近くとなり、避難場所とすることができました。
お客様は「そのとき」には近所の人にも開放するそうです。
   運送会社様事務所: 鉄骨構造3階建
                 3階の会議室から屋上にあがるハシゴです。


                         

ここも同じく海抜3m。ステンレス製。
屋上の高さは地上11.7mなので屋上は海抜14.7m。
会議室の窓から出られるよう、ステップ付きです。
早速会社の人に昇っていただきましたが・・・この方は高いところが平気だそうです。( ̄∇ ̄+)

              

非常時にはこのハシゴ+安全帯を駆使して避難します。
今全国の地震を起こす断層の動きがが活発になっていますが、これらの設備が役に立つ日が来ないことを祈るばかりです。(。-人-。)

2012.06.24

小名浜レポート

 先日、建築士会の研修旅行で福島県いわき市に行ってきました。

震災から一年以上が経過し、まだ残っている当時の痕跡と復興の様子を同時に見ることができ、とても貴重な体験でした。



小名浜港より少し北にある漁港の岸壁が大きく崩れていました。津波の破壊力を実感しました。


木造住宅では一般に使われているアンカーボルト。
この辺りは目の前に海があり、まともに津波を受けてしまったそうです。


かつて集落だった所ですが、家が消失してコンクリートの基礎が残っています。
少しでも慰めになればと、ボランティアの方がペイントしてくれた心遣いが切なく思いました。



寺院の境内に発生した断層。(木の後ろ)高さは60~70cmくらいでしょうか。 
このような断層が富士山周辺(というより日本中)にもたくさんあるようですね。


憎や恋しや~♪塩屋の岬~♪
僕もちょっと古い歌知ってるなぁと思っていましたが・・



仮設の商店街です。震災の火災で焼失してしまい、商店街ごと移ってきたそうです。
ここで、大量の酒と肴を自分のためではなく、復興支援の一環として仕入れました。( ̄▽+ ̄*)
僕はさくらんぼ一パックその他いろいろをバスの中用として買いました。



宿泊場所のハワイアンズではフラダンスショーを見ました。
すごかったです。↑
この人たちこそ「専門家」「プロ」という印象を持ちました。
 
復興が進む小名浜港です。
上の写真はサンドコンパクションパイル工法といって、地中に砂を投入しながら揺動圧密して杭を形成し、地盤支持力を高める方法です。


石炭岸壁の荷揚げ機械です。
復興した岸壁には中国から石炭が輸入されてきていました。
石炭は、近くにある小名浜共同火力発電所と、10km北にある広野火力発電所などで使用されます。
被災地に活気と力強さが戻りつつあると実感しました。

2012.05.31

避難ハシゴ

 こんにちは!

しばらくブログをサボり気味でご無沙汰していました。m(_ _ )m
最近は地震・雷と「怖いもの」で話題が持ちきりですが、沼津は津波が心配ですね。
今回は津波の高さが13mと予想される地域にある建物に避難ハシゴを設置しました。


住宅: 鉄筋コンクリート構造3階建
     屋上から上屋(ペントハウスといいます)にあがるハシゴです。

この地域は海に近く塩害が想定されるためステンレス製です。
これで海抜3m+屋上まで10m+ペントハウス2.8mで16m近くとなり、避難場所とすることができました。
お客様は「そのとき」には近所の人にも開放するそうです。



運送会社様事務所: 鉄骨構造3階建
            3階の会議室から屋上にあがるハシゴです。

       
ここも同じく海抜3m。ステンレス製。
屋上の高さは地上11.7mなので屋上は海抜14.7m。
会議室の窓から出られるよう、ステップ付きです。
早速会社の人に上っていただきましたが・・・この方は高いところが平気だそうです。( ̄∇ ̄+)
こちらの建物は鉄骨構造なので、梯子の取り付けは鉄骨の下地材がある場所を図面や現地調査から
把握して、製作図に反映します。

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カテゴリーリスト

カレンダー

«12月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.