山春建設 建築士 山田のブログ

地盤調査・地盤改良

2017.01.10

家造りの重要条件は

 リクルート住まいカンパニーの「2016年注文住宅同行・トレンド調査」によると、
家造りの重要条件は1位が 「耐震性に優れていること」で69.3%
となりました。
私の住んでいる静岡県でも東海地震の発生が指摘され、防災訓練が定期的に行われています。
初歩的なことですが、まずは家が倒壊してしまっては家族の生活を守ることはできません。
 耐震リフォームの様子

新築住宅はもちろんのこと、私(山田)も耐震診断や住宅診断の資格を持っていますので、耐震補強工事の相談をお受けしますが、工事後は安心感が大きく違うという感想がとても多いです。
家族の安全は耐震から。

2016.12.20

12/23(金) 24(土) 25(日) 予約制 住まいの相談会

住まいの相談会開催!
12/23(金)
24(土)25(日)
10:00~16:00
一回一時間程度 

定期的に開催する当社の住宅相談会です。
これから新築やリフォームをお考えの方に、客観的にご判断できる建築の情報や知識をご提供するために企画しました。
テーマごとに定期的に開催していこうと思います。
テーマによっては説明ばかりでなく、実験もしながら分かりやすく面白い内容にしていきます。

今回の主なテーマは
「地盤について」
です。地盤は建築にとって最も重要であることは皆さんお分かりですが、地盤の種類・分布・地盤改良の方法などから、地盤にアプローチしていきます。

もちろんその他のご相談もできますのでお気軽にお問合せください。

ご予約はこちらまで。
㈱山春建設 山田
TEL   055-963-1918
携帯TEL 090-1414-7388
e-mail    takashi@yamaharu-k.com


会場:沼津市蛇松町(じゃまつちょう)30-5
㈱山春建設 ショールーム
セブンイレブン沼津港店 交差点を東進 突き当りを左折 3軒目

2016.02.25

住宅関連 優遇制度 新築編8 リフォーム編8

まだ審議中の制度もありますので、あくまで私のブログということでご参考にしていただきたいと思います。
確定した制度についてはホームページ内の「イベント」にアップします。
最終第15回は共通「新築8」「リフォーム8」
新築・リフォームのススメ
新築・リフォーム・増改築をご検討中の方、今がチャンスです!


 再生可能エネルギーの固定価格買取制度


 グリーン投資減税 (業者が主に関係します)

           期   間        ~2018年3月

           要   件        対象設備を取得し、1年以内に事業を開始すること

          対象設備       太陽光発電設備(10kw以上)、風力発電、木質バイオマス発電設備など

           減   税        30パーセントの特別償却
                           (中小企業は特別償却と7%の税額控除との選択可能)


 減税シミュレーション

     当期経常利益1,000万円の中小企業が、太陽光発電設備に500万円投資した場合      

        減価償却期間(通常17年)は7%税額控除にメリット
※法人税率23%と仮定

2016.02.20

断熱欠損を見逃すな!ファイナル  そして外壁仕上げへ

優遇税制の紹介にかまけ、現場のレポートが滞っておりましたが、
安心してください、順調ですよ!

今回使用している外断熱材は張った後、しばらくすると収縮しますので、時期を見計らって隙間に防蟻発泡ウレタンを充填します。(大抵の場合現場監督が)
本当の意味での責任施工を実施・・

断熱材には、切断の施工精度と自然収縮で2~5mm程度の隙間ができています。
ここに、基礎でも使用している防蟻成分が入った発泡系ウレタン断熱材を充填します。

   

充填状況、隙間を完全に埋めていきます。

   

        使った本数2本と2/3                               成型状況

この後、はみ出てきた部分を成型して、左官屋さんの下塗り工程に入ります。
現場搬入されたベースコート材。


左官屋さんがセメント系のベースコート(下塗り)をしています。 

   
写真右は強化のためアラミド繊維系のファイバーメッシュを下塗り材に塗り込んで、壁を一体化しています。


下塗り完了。屋根の妻壁の方は少し乾いてきて白くなりかかっています。

2015.11.08

基礎工事

沼津市の住宅 基礎工事が始まりました。

安定した基礎を作るため、所定の深さまで掘り下げていきます。

基礎コンクリートの下地に砕石を敷いて転圧(締め固め)し、地面を強化します。

規則的にある丸い形は地盤改良(柱状改良)の杭頭です。

砕石層の厚さ100mmを確認しています。

  

型枠を安定して設置するために水平の基準になる捨てコンクリートを打設しています。

写真右 敷いてあるのは防湿フィルムです。地面からコンクリートを通して上がってくる湿気を防ぎ、鉄筋が錆びるのを防ぎます。

この後は捨てコンクリートの硬化を待って型枠立て込み、鉄筋組立てを行います。

2015.11.04

地盤改良

 沼津市の住宅 いよいよ本体工事が始まりました

地盤改良は建築場所の地質や周囲の状況によって実施するかしないか地盤調査の結果を精査して

検討します。近隣の方から「ウチはしていないけどここはするの?」と聞かれることがありますが

地質・家の形・重量など様々な状況から判断しますので、一概には言えない答えとなってしまいます。

写真中分かり辛いですが、地盤改良を行う位置に目印のピンに結んだ紐が見えます。

このお家は「柱状改良」を選択しました。

固化剤と現状地盤を柱状に攪拌混合して支持層に達する地盤杭を34本形成します。(深層混合処理工法

柱状改良機 全景

攪拌混合するビット部分 直径50cm

混合処理開始! 最近は機械も小型・低騒音化が進んでいます。

固化剤と混合された現状地盤(ソイルセメント)。 2m下の支持層に到達していることを毎回確認しています。

完成した地盤杭。

同じ規模の家でも、施工本数は地中での支持層の傾きや地盤のバランスで異なります。

地盤改良により平時に家が傾いたら5000万円の保証がついています。

ーーー良い家はしっかりした足元からーーー何十年も先を考えて提案する山春建設です。

2015.10.29

地鎮祭

沼津市の新築の家、地盤調査の結果を待つ間に地鎮祭が執り行われました。

お日柄もよく穏やかな日でした。

これから始まる工事の安全を産土の神に祈願し、お施主様も工事関係者も清々しい気持ちで式を終えることができました。

2015.10.25

地盤調査

時々ニュースでも話題になる地盤のお話。

軟らかい地盤では家は長い年月の間に傾いてしまうかもしれません。

地盤調査では、硬い支持層を探し、その深さや土質構成を計測します。

この機械で掘削・計測・記録ができ、家の四隅と中心で調査を行います。

調査結果を設計事務所・杭の工事業者と分析し最適な地盤改良方法を考えていきます。

地盤改良工法には、

①現地盤に改良材を混ぜて、地盤全体の表層1mくらいを改良する表層混合処理工法(表層改良)

②同じく改良材混合でも部分的に数十箇所を柱状に改良する深層混合処理工法(柱状改良)

③金属の管杭を圧入する鋼管杭工法

など紹介しきれないほどありますので、現場によってその都度検討をして決めていきます。

ちなみにこの土地では2mくらい下に支持層あるようです。

また、地盤調査会社によって平時に家が傾いたときは最高で5000万円の保証が付くので、ほとんどの新築の家で地盤保険を利用しています。

見えない場所こそ確実にしっかりがモットーの山春建設です。

2015.01.30

H25基準住宅

 沼津市蛇松町の家の工事がました。
「平成25年基準」の省エネ基準で設計されています。
様々なポイントがあるので工事ごとの説明を加えながらアップしていきたいと思います。
掘方が始まりました。重機のオペレーターは50年の経験を誇るベテランです。
最高な日に最高な人に携わっていただき幸先の良いスタートです。

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カテゴリーリスト

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.