山春建設 建築士 山田のブログ

モデルハウス

2019.05.23

庭改造計画開始!

こんにちは!

いや~、暑いですね!

週末にかけてもっと気温が上がるようなので、熱中症、気をつけましょう!

さて、、

大量のメザシの画像からスタートです(笑)

ずっと行きたかったのですが、なかなか行けず、、、。

その時の釣果です

我が家の庭で天日干しです☺

そして、我が家、体感ハウスも新築以来3年、放置してしまっていた駐車スペースがついに生まれ変わります!

素敵な庭に成長するのは数年の計画で考えています

少しずつですが、思い描いた庭になるよう、進めていきます!

2018.12.17

ぽかぽか

こんにちは!

久しぶりの晴れ間です。

天気予報通りの天気になかなかならず、洗濯物苦労しますね

寒い日が多いですが、高気密高断熱構造の我が家、体感ハウスは

真夏・真冬に本領発揮してます!

基本、1階のメインエアコンだけ運転中です。

2階のエアコンは今季まだ動かしていません

外断熱+基礎断熱構造なら、地熱の利用と、躯体蓄熱(家の構造体ごと温める)で、

家中ポカポカにできて省エネです。

家が暖かく、外に出るのが億劫になりますが(笑)今週も頑張ります!

2018.11.01

トイレ

こんにちは!

今日から11月。さっそく冬を感じさせる寒い朝でしたね!

今回はトイレをご紹介です。

トイレのスペース、というと、便器に座ったまま手を広げると壁に手がつくくらいの狭いイメージが多いのではないでしょうか?

実は広いトイレ、使いやすいんです(*^^)v

一番リアルタムでわたしが実感しているのが、

息子をトイレに連れていく時です。

広々としたトイレは、狭い、暗いというトイレのマイナスなイメージはなく、

トイレに行くのを嫌がることはありません。

親側の目線になりますが、子供のトイレトレーニングも、

息子と二人でトイレに入っても窮屈なことはなく、

トイレの中でオムツ、ズボンを履かせるのも楽々です♪

また、広さがあり、段差がないので、これから年齢を重ねても、

窮屈、不便に感じることはありません。

ちなみに体感ハウスは、大きな家でなく、家族ピッタリサイズの家ですが、

設計の工夫でこのように広いトイレも計画できます。

毎日、何度も、一生使うスペースだからこそ、

広いトイレで豊かな生活を(^^♪

2018.11.01

トイレ

こんにちは!

今日から11月。さっそく冬を感じさせる寒い朝でしたね!

今回はトイレをご紹介です。

トイレのスペース、というと、便器に座ったまま手を広げると壁に手がつくくらいの狭いイメージが多いのではないでしょうか?

実は広いトイレ、使いやすいんです(*^^)v

一番リアルタムでわたしが実感しているのが、

息子をトイレに連れていく時です。

広々としたトイレは、狭い、暗いというトイレのマイナスなイメージはなく、

トイレに行くのを嫌がることはありません。

親側の目線になりますが、子供のトイレトレーニングも、

息子と二人でトイレに入っても窮屈なことはなく、

トイレの中でオムツ、ズボンを履かせるのも楽々です♪

また、広さがあり、段差がないので、これから年齢を重ねても、

窮屈、不便に感じることはありません。

ちなみに体感ハウスは、大きな家でなく、家族ピッタリサイズの家ですが、

設計の工夫でこのように広いトイレも計画できます。

毎日、何度も、一生使うスペースだからこそ、

広いトイレで豊かな生活を(^^♪

2018.10.23

ふたつめの、、

こんにちは!

今日はこちらから、、

生活感たっぷりな画像で失礼致します!(;・∀・)

我が家、体感ハウスには洗面所洗面台の他に、

トイレの向かいに手洗いコーナーがあります。

トイレの中に備え付いている手洗いスペースではなく、独立した手洗い場です。

例えば、父がお風呂から出てドライヤー中に、息子は歯磨きしてお口ゆすぎが同時進行できます。

今は子供が小さいので、洗面台の取り合いはありませんが(^^;)

成長していくにつれて、洗面台渋滞の時期はやってくると予想して

(自分もそうだったので、、)造りました。

これで朝の混雑は避けられます!

また、来客の際にも、お客様を洗面所に通さなくても手洗い場を提供できるので、

洗濯物や浴室を気にする必要もありません。

もちろん見学に来られた方には全部お見せしますよ!

手洗いコーナーは体感ハウスを見学に来られた方に

『こんなのもできる』

とお伝えできるスペースになっています。

2018.10.19

切断してみると、、

こんにちは!

今日は小雨も降って、寒さが増しましたね。

突然ですが、、

こちら何かわかりますか?☺

これは、玄関ドアを切断したものです!

切られたドアなんてなかなか目にすることもないですよね!

ドアの厚さは7㎝、

これ1枚で気温差40度に対応(室内20℃、外気温̠−20℃)します!

北欧スウェーデンのスニッカルペールというメーカーのものです。

快適な室温にするには欠かせない機能性の高いドアです♪

2018.10.18

○○の秋

こんばんは!

「○○の秋」、と言えば、、

食欲、芸術、スポーツなどありますが、、

本好きのわたしはやっぱり「読書の秋」です!

建築関係の本ばかり読み漁っていましたが、最近は同じくらい息子と絵本も読んでいて

なかなかおもしろい出会いがあります(^_^)

ということで、今回は体感ハウス(モデルハウス)のセカンドリビングから。

造り付けテレビ台兼本棚です♪

「我が家図書館」にしよう!と思ってつくりました。

テレビを置く計画がわかっていれば、あとからテレビ台を既製品から合うサイズを探す必要もなく、

まわりに希望通りの棚をつけられます。

コンセントやアンテナの配線、それを通す穴も空けられるので、

テレビをはじめとした電化製品のコードもスマートに収納でき、

見た目もきれいです。

我が家はマリメッコ(フィンランドのアパレル企業)の布で、

家全体の北欧感を統一させました☆

今はわたしの趣味の本だらけですが、、

絵本が増えていく本棚もこれからの楽しみです(*^_^*)

2018.10.16

階段☺

こんにちは!

10月もあっという間に半分過ぎてしまいましたね。

秋らしいことをしなくては!と焦ってます(-"-)

今回は階段のご紹介です!

当社標準の家の階段幅は、有効幅で87㎝以上で、従来の日本の規格より9㎝広いです。

蹴上げ(階段の一段の高さ)は、187.5㎜、

できれば185㎜と、とても楽に上がることができます。

段の面(踏面)は270㎜で広くて安全です。

これは、バリアフリー法で奨励されている規格に適合している住む人に優しい階段です。

段が折り返す踊場は、4~6段で回っている家が多いですが、

当社は段なしか、↑のように1段までしかつけません。

上り下りが楽なのはもちろんですが、転落防止、事故軽減にもとても有効です。

“子育てしやすい家”ですが、子育て中だけでなく、

年齢を重ても生活しやすい家を、と考えて造りました。

プラス、

階段の壁にニッチ(小物や絵などの飾り棚として利用するために壁の一部をへこませた部分)

を造ってあります♪

2018.10.09

引き戸ひとつでも!

こんばんは!

今日は見事な秋晴れ、青空がすごくきれいで、

とても清々しくなりました!

我が家の長男が、最近ますます暴れん坊になってきて、

わたしのこだわりが発揮され始めました(笑)

その一つが、“ポケットドア”です。

引き戸を開けたとき、戸のパネルが壁の中に引き込まれて見えなくなる戸のことを

“ポケットドア”と言います。

完全に閉まっている状態は

一見普通の引き戸です。

しかし!冷蔵庫が置かれている部分の壁が、ドアパネルのポケットになっています。

反対側から見た感じです。

見た目もきれいですし、壁として、何かを貼ったり飾ったりできます。

ドアを開けても手掛けの部分までは引き込まれません!

これが指を挟まない一工夫です!

引き戸でお子様が手を挟んでしまう、、小さいお子様をもつ親御様の心配のひとつですよね。。

実際、挟んでしまった、なんて声も子供が生まれる前からよく耳にしました。

このドアやレールは、部品単位で専門メーカーから納品されるので、

全体のマニュアルや、工事説明書はありません。

小さなことですが、実際子供が勢いよくドアを開けたり、

ドアの開け閉めがただ楽しくてずっとやっていたりってたくさんあります。

この引き戸にしてよかった、とつくづく感じます。

こうしたい、これに困っている、こんなことできるかな?

これからもそういったたくさんのことを

形にしていきたいですね(^.^)

2018.10.02

子育てハウス

こんばんは!

昨日、お客様から息子にミニカーのプレゼントをいただき、渡したら大喜び!

ミニカーを持って家中を走り回っていました。

最近は暴れ怪獣なので、わたしも必死に追いかけています(笑)

ということで、今回は久しぶりに我が家、体感ハウスから。

当社の家の引き戸は、小さな工夫がしてあります。

床にレールがない吊り戸なので、まったく段差がなく、

完全版フラット工夫がしてあります!

また、戸当たり(戸が閉まる方向の枠)をよく見ると、溝が掘ってあります。

この溝には、特に小さな特に小さなお子様がいらっしゃるご家庭にはとても大きな役割があり、

お子様がドーンっと当たっても、閉めたときは戸が溝に入って(はまって)いるので、

吊りレールに衝撃が伝わらず壊れにくくなっています。

わたしも息子が成長して、まさに、この引き戸の利点を体感しています。

子供って、本当に予想もしない動きをするので、突然ドアに向かって走り出したりするんですよね(+o+)

子育てをしながら、リアルタイムで体感ハウスを体感中です!

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カテゴリーリスト

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.