よくあるご質問 - FAQ

坪単価はいくらですか?

坪単価の設定はございませんが、施工事例から結果的な坪単価を算出することはできます。
資金計画から一緒にお考えすることで、お客様のご希望・ご予算に合わせて、ご提案させて頂きます。

工事後のアフターメンテナンスはどうなりますか。
定期的な訪問によって、不具合などを承ります。
また緊急時は営業時間外であっても、速やかに対応致します。
外断熱構造が標準ということですが、優れている点、欠点は何でしょうか。

外断熱構造の最大のメリットは安定した断熱環境を造り出すことにあります。もともとはコンクリートや鉄骨構造など熱伝導率の高い構造に有効とされてきましたが、近年では木造住宅に採用する例も多く、各メーカーからはそのための断熱材が発売されています。しかし、断熱材の価格は従来からの断熱材(グラスウールなど)に比べ高価で、施工の手間が掛かるので内断熱(充填断熱)より高価になります。当社では外断熱に早くから着目し、施工や商流の合理化で標準仕様としてご提案することができます。
充填断熱構造より高価ということを欠点と見るかは意見が分かれますが、同じ断熱材の体積なら断熱性能が高く、確実な断熱環境を造り出せることは確かです。
結露対策としても有効です。外断熱構造にすることで壁の中の空間が室内と同じ環境になりますので、外壁側の壁で結露を起こすことがなくなり、カビの抑制や安定した室内環境に保つことができます。

住宅以外の工事もお願いできますか。

弊社は、新築住宅を主な業務に挙げていますが、リフォームや耐震、断熱改修工事、介護リフォームの実績も豊富です。介護リフォームでは行政機関に「受領委任払い」の業者で登録されていますので補助金等の手続きは当社ででき、お施主様は工事費お支払いのとき直接高額な金額を取り扱わなくても済みます。
また実績として医院・店舗・事務所・社寺仏閣などの施工事例もあります。
傾斜地の土地の崩壊防止の擁壁など土木工事も承ります。

工期はどのくらいかかりますか。

例えば40坪程度の2階建て住宅なら4ヶ月から5ヶ月です。
リフォーム工事で、お客様が居住されながら工事を進める場合など、一度に多種の職人さんが入れない場合は、予定工期に余裕を持たせます。
工事開始後にご希望で追加工事が発生しても、時期、規模によっては初めの契約工期内に全て完成させることができます。

耐震補強工事について教えてください。

耐震補強の目的は診断によって補強が必要とされた建築物を補強することにあります。
具体的には耐震診断法の総合評価で、「倒壊する可能性が高い」あるいは
「倒壊する可能性がある」と診断された建築物を、耐震壁・筋交いの増設や、
制震ダンパーの設置などにより「倒壊しない」・「一応倒壊しない」といった
評価になるように補強します。

昭和56年以前に建築された住宅の場合、県・市から
診断費用・工事費用の補助金の対象となります。
また、併せてリフォームを行った場合は、条件を満たせば
所得税・固定資産税の控除が受けられます。
弊社では従来の工法に加えて積極的に新工法の採用も研究し、実績を重ねています。

  

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.