• ホーム
  • 山春建設 建築士 山田のブログ

山春建設 建築士 山田のブログ

2020.07.01

自社で無垢材を加工する沼津市の工務店 山春建設代表山田の地域共存?エピソード。

地元工務店として地味ですが、地域の生産活動にも貢献している

山春建設の代表山田高士です。


今日は手前味噌で失礼しますが、「近所の皆さんとこんなこともありますよ」

というエピソードを紹介したいと思います。


当社のある地域は近所に水産会社さんが多いので朝は早く、私が出社する時間には

既に地域が活気に満ちています。


そんな水産会社さんが定期的に当社に来ることがあります。


当社は家造りに新建材ばかりでなく、無垢材といって本物の木を窓枠などに加工して

いますが、その過程で「木くず」が大量に発生します。


ある日、その木くずを水産会社さんがもらいに来ました。




許可をいただき、後をついて行ってみると・・・

高級食材登場!



これを東京方面に出荷するようです。

どうやるのかと見ていると。








こうすればとても良いことがあります。


① 安価

エビは傷みやすく、水槽付きのトラックで生きて送る「活魚輸送」が必須
(送料が高額)だが、このように工夫することで消費者に安価に提供できる

箱で送るにしても、専用の箱や緩衝材を買わなくて良いので輸送コスト減少につながる


② 良い環境

木くずは適度に保湿・保温効果があり、空気も通すので狭くて暗い所が好きな
エビにはストレスが少ない


③ 保護

運送中の衝撃から木くずがエビを守ってくれる
納品先から「エビの足が取れていた」などのクレームが減少


④ 廃材の減少

山春建設は木くずの廃棄コストが軽減し、廃棄量が減るため地球にも貢献
お客様への工事金額低減につながる


 
当社がもうすぐ創立85周年を迎えることができるのも、地域とこんな関係を保っていられるからこそ。



今後も地元工務店として地域に貢献していきたいと思います。


当社が地元で造らせていただいた家のエピソードが読みたい方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.06.30

沼津、三島で新築ご検討の方。「吹付け断熱」3つのメリット、1つのデメリットとは。

高い断熱性能で快適・省エネな家を提供する沼津市の工務店
山春建設代表の山田です。


「ウチは高い断熱性で快適ですよ~」と謳う住宅の会社はたくさんありますが、

お客様から見ると

「そもそも基準を知らないから、何がすごいのかわからない。」

と言われたことがあります。

ほとんどの方はそうでしょう。

説明する私も、いや、国の基準だって「計算上は・・」「機械で計測すると・・」

というレベルなのですから。

ただし、住んだあと、エアコンの稼働率や電気代を見れば確かにわかってきます。


こんな断熱ですが、今回は「吹付け断熱」のお話です。

吹付け断熱工法は当社でも標準採用している断熱方法の一つで、

壁の中に膨らむ断熱材を空気で吹き付けて、空間を断熱材で空間をすっぽり埋め尽くしてしまう

やり方です。 


  

吹付け断熱作業中



説明していると長くなるので、私が感じているメリット・デメリットを簡潔に書きます。



メリット:

・隙間なく断熱ができ、壁内結露が起きにくい

・施工品質が安定している
(通常グラスウールの断熱は大工さんが行うが、吹付け断熱は専門会社の作業員が
専用の作業車両で行うので、技能にバラつきが少なく、高い品質を確保できる)

・飛散物質が出ないので工事が快適に行える


デメリット:

・吹付け断熱工事後のコンセントや照明器具の増設が基本的にはできない


このように良いことだらけですが、デメリットの電気配線変更ができないため、

吹付け断熱作業前に、スイッチ・コンセント・照明器具の位置をお客様立会いの下、

全て確認いたします。



そして「断熱性能」ですが、難しい話は別として、当社が採用している吹付け断熱工法では

「国が推進している最新の基準を十分クリアするレベル」ですので、別の回に書く予定の、

「ゼロエネルギー住宅」(ZEH)の性能を満たしています。




吹付断熱をした壁


「最新の性能基準」は前提とし、それ以外の

・こだわりの間取り
・自然素材
・明るい家
・柔軟に対応できる家造り

を強みに、住みやすい家造りをしています。

「住みやすい家造りをお客様の感想」にご興味を持たれた方は、下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.06.27

共働きの方にオススメ、室内干しをしても洗濯臭がしない家の秘密兵器登場

梅雨の時期でも、快適に過ごせる家造りを推奨する沼津市の工務店

山春建設の代表山田高士です。


天気予報を見ても連日雨マーク。

梅雨本番というところでしょうか。


私の家は洗濯は妻がやるものの、洗濯がやりやすい自宅は私が建築しました。


自宅を設計しているとき、念頭に置いていたのは「共働き」です。

洗濯物を干したまま出勤して雨が降ってきたら困りますね。

家人がいなくてもしっかり洗濯物を乾かしてくれる、そんな家を建てたかったのです。



雨が心配な日は必然的に部屋干しすることになりますが、洗濯臭がすると不快。

洗濯臭は雑菌の繁殖によるもので、最近ではそれを防ぐ洗剤も売られています。
 


 
室内干しスペース(イメージ)


洗濯臭は出てしまうものですが、それを防ぐ方法はただ一つ、「換気」です。

当社の造る家は、計画配置された強力な換気システムで家中の空気の流れを作り、

効率よく排出するように造られています。


理想は、洗面脱衣室など洗濯機を置く部屋を広くして、その場で洗濯が完結すること

がベストですが、なかなかそこまで計画できる広さが確保できません。

したがって、リビングやホールの一部に室内干しスペースを造りますが、

そこに空気の流れを作り、洗濯臭が拡散しないように配慮しています。




換気システム本体は天井裏に設置する



この換気扇、一石三鳥で

①義務付けられている「24時間換気」の換気量に対応している
②トイレの換気もこれでしてしまう
③換気扇が必要な部屋に個別につけなくてもこれ一つで充分

換気配管により、空気を動かしたい場所をピンポイントで吸い出せるので、
効率よく換気ができます。


このような換気システムは相当高価なのでは・・?と質問されることもありますが、

長年実績のある当社では費用対効果を最大にする発注・工事方法を採っています。


共働きのご夫婦、ご家族の生活の負担軽減と生活効率UPのため、建築技術で

お客様をサポートできる家を造っています。


当社に興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.06.26

子育て世代こそ無垢材の床をお勧め!2つの効果とは?

自然素材を使った高品質で快適な住宅を提供する沼津市の工務店

山春建設代表の山田です。


今日は床で使う材料について。


家の床としてよく目にするのは木目がきれいなフローリング。

合板フローリングが一般的ですが、当社でリビングなどに

お勧めしているのは「無垢フローリング」です。



無垢材とは「合板」でできているフローリングに対して、「全部が木」で

できている床材を言います。


①合板フローリング

  


②無垢フローリング

  


どちらのフローリングも表面は木目に見えますが、断面の画像ではすぐわかります。

合板の方は何層にも板を貼り重ねており、無垢の方は内部まで一枚の木材である事がわかります。


価格は無垢材のほうが40~50%割高ですが、合板フローリングにはないメリットがあります。


メリット1:肌触りが良い

合板フローリングでも表面処理で無垢材に近いものがありますが、天然木のサラッとした
肌触りは季節を問わず心地よい感触を提供してくれます。


メリット2:傷がついても直せる

こちらが本当に私自身が体験していることですが、小さなお子様がいるご家庭では、
こぼしたり、落としたりで、床が傷つくのは必至です。
しかし、子育ても落ち着いた頃、床表面を削り取って仕上げ直すことで、新品同様に
することができます。
また合板フローリングについた傷はいつまで経っても傷でしかありませんが、
無垢フローリングについた傷は、家族の成長を物語る歴史になるとさえ考えられます。


少し前までは無垢フローリングは

「床暖房には使えない 熱で隙間が空いてしまう」

と言われましたが、最近では床暖房対応の無垢フローリングがあり、当社でも使用実績が増えています。




無垢フローリングを使った20帖のリビング

この床の70%くらいの面積に床暖房が入っています。



「子供が小さいから高額な床材を使う必要はない」

ことはなく、床の張替えより少額でリニューアルができ、見た目、肌触りが良い

無垢フローリングをオススメします。

 

当社にご興味を持たれたら、下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.06.25

沼津、三島で壁内結露を防いだ家を新築したい方へ。

カビを防いだ健康住宅を建てる工務店、山春建設の山田です。


梅雨の時期になりましたね。

湿度・気温が上がって不快に感じる日もあると思います。


梅雨といえばカビが心配されるお家も多いのではないでしょうか。

カビは湿気があればいろいろなところで発生します。


今日はそんなカビが発生しては特に困る、「壁内結露」に触れたいと思います。

「壁内結露」、聞きなれない言葉ですが、「結露」はお聞きしたことがあるかも知れません。

「結露」のお話は先日6/22の記事もご覧ください。


結露は湿気を含んだ空気が、冷たい物質に触れることで、水滴に戻るものです。

これが「壁の中」で起きるのが「壁内結露」です。

さきほど、壁の中でカビが発生しは困る、と書きましたが、その前に壁の中で

水滴になると、柱などの構造材の腐朽など家に悪影響を及ぼします。


壁内結露が起きるプロセスは

① 壁の中に湿気を含んだ空気が侵入する
② 冷たいものに触れる

ですが、多くの原因は

・防湿層の施工不良

・断熱材の施工不良


にあります。

壁の断熱材として一般的に使われているものにはガラス繊維の綿、

「グラスウール」がありますが、これ自体は湿気を通します。

それを防ぐため、グラスウールはビニールの袋状のケースに入っており、

このケースに「耳」と呼ばれるヒダがついていて、この「耳」を

重ねて断熱材を固定することで、壁内の部屋側にビニールの「防湿層」

を形成します。

この防湿層に隙間や欠損があると、湿気を含んだ空気が侵入します。


その湿気が、グラスウールの隙間を通り抜け、壁の外面にある構造合板に触れて

結露します。

また、断熱材に充填不良や隙間があると、壁内の内側(部屋側)まで冷気が達し、

防湿層での欠損部分付近で結露します。


ちょっと専門的になってしまいましたが、簡単に言うと、

「湿気」と「冷気」が出会わないようにすることが対策です。


そこで断熱材の施工品質が大きなポイントになります。


グラス―ウールは多くの会社では大工さんが施工するものですが、

工務店の工事の指示や大工さんの技量によって、施工品質にバラつきがあります。

施工方法がしっかり守られていれば問題はないのですが、上記のような施工不備

につながることがあります。


グラスウールは成熟した工法で、湿気対策用の材料もあり、施工者の注意で壁内結露を防ぐことは可能ですが、

他の断熱工法として

・外断熱工法

・吹付け断熱工法

・グラスウール以外の充填断熱工法

があり、それぞれ安定した施工品質が確保できるよう断熱工事専門の会社が行います。


各工法はそれぞれ別の回でお話しますが、当社では主に

「吹付け断熱工法」を採用しています。

「防湿層形成」と「断熱材の隙間の防止」に有効で

作業者による施工品質の差が少ないため、安価かつ合理的な工法です。


壁内結露は家の寿命に影響するため、特に留意して取り組んでいる工務店に

依頼することがお勧めです。





吹付け断熱工法を採用した、おしゃれな家造りにご興味を持たれた方は

下記をクリック!

 
peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.