山春建設 建築士 山田のブログ

健康/快適空間

2020.07.12

「バリアフリーな家」に興味がある方に知ってほしい2つの目的。

バリアフリーで安全な家を造る沼津市の工務店、山春建設の山田です。

 


「安全」と書きましたが、安全は住む人の努力もお借りすることになるので、

「安全に最大限配慮した家」と訂正します。

「安全に配慮」といっても多くのお客様から「どういうところ?」と質問をお受けすることが多いので、

当社では「バリアフリー性に関する基準」(高齢者配慮等級)という規則に則って標準仕様としています。


ちょっと難しくなってきましたので、要するに高齢になっても

・自立した生活を手助けするための基本的な措置を講じること
・介護、介助が必要になっても介助者の行為を容易にすること


が基本的考えになります。


「バリアフリーで生活しやすい家」というのはこの2点を実現するための

段差の解消であったり、手摺りの取付けや出入口の幅の確保といえます。


よく言われている例として

・家の中の段差3mm以下
・出入口の有効幅780mm以上
・階段や玄関に手摺りの設置
・トイレの広さ
・浴室の段差

があります。

他にも細かく決まっていますが、現代の家造りでは、ほとんどの項目を標準仕様で満たしていることが多く、

「高齢者配慮等級」により補助金を申請する場合などに、建築会社にその希望を伝えると比較的

簡単に対応してもらえることが多いです。

もちろん私も何も言われなくてもその設計をします。


ますます高齢化が進行するこれから、介助者・要介助者とも安全で快適な生活や仕事ができるよう配慮した

優しい家造りを心がけています。


そんな山田が精魂傾けて造った家の施工事例とお客様の声は下記アドレスから!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.07.06

沼津の工務店山春建設でおすすめの吹き抜け。空間を広く感じる吹抜けのメリットデメリット。

空間を広く感じる工夫をする沼津市の工務店、山春建設の山田です。

広く感じる家が建てたい
できるだけ安く建てたい
思い通りの家を建てたい
生活しやすい家を建てたい
安心して住める家を建てたい 


いろいろな思いが交錯する家造りですが、

お求めになった建築予定地の面積・形状やご用意できる金額、法的な決まりなど諸条件

により、完全完璧にご希望通りの家造りというものはあまり実現でいないことが多いです。

しかしその中でも最大限に努力して実現することがプロとしての実力であり夢でもあります。


その中でも近年多いご相談は

明るいリビング・広いリビング、です。

土地面積やご家族構成から必要な部屋数などを考慮しつつ、広くて明るいリビングでは、

「吹抜け」をお勧めすることが多いです。


最近の施工事例では日当たりが良いとは言えない土地への建築に当たり、

「吹抜け」によっていくつもの課題を解決しました。

吹抜けのメリットは何と言っても

・天井が高く開放感がある
・高い位置の窓から採光ができる
・効率的な換気経路を確保できる

という居住性の良し悪しに直接関係のあることが挙げられます。


デメリットとしては(よく聞かれる不安なところ)

・寒そう
 
と言われます。

たしかに暖かい空気は天井近くに、寒い空気は床にたまりますし、何もしなければ

吹抜けにした床は冬は寒いかもしれません。


しかし、対策としてはすでに一般的ですが、今回建築したお家はデメリットの対策もしてあります。

・プロペラファンで空気を撹拌する
・床暖房で1階床を暖める

これにより夏・冬両方にデメリット解決ができます。


先日完成した大きな吹抜けのあるお家のお施主様にお会いすることがありましたが、

お家を見に来た親戚の方が

・明るさ(窓ガラス面積の多さ)
・空間の広さ(そう感じる)

を絶賛していたと聞きました。






↑大きな吹抜けのある施工事例





↑リビングを勾配天井にした施工事例


吹抜けに限らず、どんな場所、ご希望にもメリットデメリットがあるものですが、

メリットは生かし、デメリットは抑えるかメリットに変換する、こんなことを

そのお客様が実現できるよう日々考えを巡らしています。



そんな当社が建てているお家にご興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.06.27

共働きの方にオススメ、室内干しをしても洗濯臭がしない家の秘密兵器登場

梅雨の時期でも、快適に過ごせる家造りを推奨する沼津市の工務店

山春建設の代表山田高士です。


天気予報を見ても連日雨マーク。

梅雨本番というところでしょうか。


私の家は洗濯は妻がやるものの、洗濯がやりやすい自宅は私が建築しました。


自宅を設計しているとき、念頭に置いていたのは「共働き」です。

洗濯物を干したまま出勤して雨が降ってきたら困りますね。

家人がいなくてもしっかり洗濯物を乾かしてくれる、そんな家を建てたかったのです。



雨が心配な日は必然的に部屋干しすることになりますが、洗濯臭がすると不快。

洗濯臭は雑菌の繁殖によるもので、最近ではそれを防ぐ洗剤も売られています。
 


 
室内干しスペース(イメージ)


洗濯臭は出てしまうものですが、それを防ぐ方法はただ一つ、「換気」です。

当社の造る家は、計画配置された強力な換気システムで家中の空気の流れを作り、

効率よく排出するように造られています。


理想は、洗面脱衣室など洗濯機を置く部屋を広くして、その場で洗濯が完結すること

がベストですが、なかなかそこまで計画できる広さが確保できません。

したがって、リビングやホールの一部に室内干しスペースを造りますが、

そこに空気の流れを作り、洗濯臭が拡散しないように配慮しています。




換気システム本体は天井裏に設置する



この換気扇、一石三鳥で

①義務付けられている「24時間換気」の換気量に対応している
②トイレの換気もこれでしてしまう
③換気扇が必要な部屋に個別につけなくてもこれ一つで充分

換気配管により、空気を動かしたい場所をピンポイントで吸い出せるので、
効率よく換気ができます。


このような換気システムは相当高価なのでは・・?と質問されることもありますが、

長年実績のある当社では費用対効果を最大にする発注・工事方法を採っています。


共働きのご夫婦、ご家族の生活の負担軽減と生活効率UPのため、建築技術で

お客様をサポートできる家を造っています。


当社に興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.06.25

沼津、三島で壁内結露を防いだ家を新築したい方へ。

カビを防いだ健康住宅を建てる工務店、山春建設の山田です。


梅雨の時期になりましたね。

湿度・気温が上がって不快に感じる日もあると思います。


梅雨といえばカビが心配されるお家も多いのではないでしょうか。

カビは湿気があればいろいろなところで発生します。


今日はそんなカビが発生しては特に困る、「壁内結露」に触れたいと思います。

「壁内結露」、聞きなれない言葉ですが、「結露」はお聞きしたことがあるかも知れません。

「結露」のお話は先日6/22の記事もご覧ください。


結露は湿気を含んだ空気が、冷たい物質に触れることで、水滴に戻るものです。

これが「壁の中」で起きるのが「壁内結露」です。

さきほど、壁の中でカビが発生しは困る、と書きましたが、その前に壁の中で

水滴になると、柱などの構造材の腐朽など家に悪影響を及ぼします。


壁内結露が起きるプロセスは

① 壁の中に湿気を含んだ空気が侵入する
② 冷たいものに触れる

ですが、多くの原因は

・防湿層の施工不良

・断熱材の施工不良


にあります。

壁の断熱材として一般的に使われているものにはガラス繊維の綿、

「グラスウール」がありますが、これ自体は湿気を通します。

それを防ぐため、グラスウールはビニールの袋状のケースに入っており、

このケースに「耳」と呼ばれるヒダがついていて、この「耳」を

重ねて断熱材を固定することで、壁内の部屋側にビニールの「防湿層」

を形成します。

この防湿層に隙間や欠損があると、湿気を含んだ空気が侵入します。


その湿気が、グラスウールの隙間を通り抜け、壁の外面にある構造合板に触れて

結露します。

また、断熱材に充填不良や隙間があると、壁内の内側(部屋側)まで冷気が達し、

防湿層での欠損部分付近で結露します。


ちょっと専門的になってしまいましたが、簡単に言うと、

「湿気」と「冷気」が出会わないようにすることが対策です。


そこで断熱材の施工品質が大きなポイントになります。


グラス―ウールは多くの会社では大工さんが施工するものですが、

工務店の工事の指示や大工さんの技量によって、施工品質にバラつきがあります。

施工方法がしっかり守られていれば問題はないのですが、上記のような施工不備

につながることがあります。


グラスウールは成熟した工法で、湿気対策用の材料もあり、施工者の注意で壁内結露を防ぐことは可能ですが、

他の断熱工法として

・外断熱工法

・吹付け断熱工法

・グラスウール以外の充填断熱工法

があり、それぞれ安定した施工品質が確保できるよう断熱工事専門の会社が行います。


各工法はそれぞれ別の回でお話しますが、当社では主に

「吹付け断熱工法」を採用しています。

「防湿層形成」と「断熱材の隙間の防止」に有効で

作業者による施工品質の差が少ないため、安価かつ合理的な工法です。


壁内結露は家の寿命に影響するため、特に留意して取り組んでいる工務店に

依頼することがお勧めです。





吹付け断熱工法を採用した、おしゃれな家造りにご興味を持たれた方は

下記をクリック!

 
peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.06.22

カビの心配がない家を建てる4つのポイント 部屋にカビが生えたくない方は読んでください。

カビが生えず、空気がきれいな家を造っているに沼津市の工務店

山春建設の山田高士です。


最近、子供たちが小さいこともあって我が家は「童謡」を

MDでかけている時間もあります。

長く歌い継がれる童謡は心洗われる良い歌が多いです。


そんな中、「小さい秋見つけた」の歌詞のフレーズで、

「お部屋は北向き曇りのガラス~♪」

とありますが、つい専門的な考えに耽ってしまいます。


このガラスが結露を起こして曇っているとします。

ではなぜ「結露」を起こすのでしょうか。

この歌詞が例えやすいので場面を借りて、現代の家に当てはめてみましょう。


まず、「北向き」の部屋であり、日当たりが良くないことが想像できます。

ガラスが結露するということは部屋の湿度が飽和(これ以上空気に水分を含めないこと)

に近い状態と言えます。

この空気が冷たいガラスに接して、「露点」に冷やされるとガラス表面で水滴になります。

結露しやすい例が、LDKに隣接した北側の部屋に「断熱性能の低い窓」がある場合です。

しかも日当たりが悪いので、十分な換気をしなければカビが生えやすくなります。

この歌詞の当時の家は「すきま風」で自然に換気されていたと思いますが、現代の

気密性の高い住宅でこれをやったらアウトです。

カビの温床となることも不思議ではありません。


しかし、これを防ぐことも容易です。


① 断熱性能の高い窓枠とガラス
あああ熱を通しにくく、外が寒くても部屋側は冷たくならない窓にする
あああ樹脂サッシ + 遮熱ガラスまたは断熱ガラス など


② 十分な換気量を確保する
あああ計画されたと空気の流れと換気設備で、空気が滞留しない環境にする


③ できれば内装材に吸放湿性の高い材料を使用する
あああ湿気が多いときは吸収し、空気が乾いてくれば放出する、漆喰や珪藻土
あああが最適


④ 壁内結露を防ぐ

このうち④は専門的過ぎますので、別の機会に記事にしたいと思います。


ここで挙げた4つの設備・素材・技術は当社では標準に採用・ご提案させていただいて

おりますので、当社で建築されたお客様からは「北向き、曇りのガラス」が起きた

ご報告はありません。

カビが原因で健康を損ねる可能性もありますので、十分な注意が必要です。


そんなカビが不安な方に、安全安心な家をお届けする山春建設です。

もっと見たい方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.03.24

高性能窓で快適な暮らし

こんにちは!

昨日の沼津は太陽が顔を出したり、強い雨が降ったり、

なんだか忙しい天気でした

日中いい天気だったのに、夜突然雨や強い風、なんて日が時々ありますよね。

窓がガタガタ鳴ったり、風の音がビュービューして気になったり、、

大人だけででは気にならなくても、お子様が生まれてからは

お子様が怖がることで音を再認識されたり、、

そんな夜を過ごされている方もいらっしゃるのではないでしょうか

前回の投稿で登場した窓を今回は少し詳しくご紹介しようと思います

先に当社の家造りの基本的な仕様を簡単にご紹介しますと、窓は、樹脂製や樹脂+木の断熱性がとても高い窓です。

ガラスも複層以上のガラスで、熱が伝わりにくい構造です。

また、壁の断熱材は発砲断熱材や壁の外側にある断熱材(外断熱構造)で隙間ができず、密閉する工法です。

どうして窓と断熱材のお話を簡単にしたかというと、

これらの構造は外からの音を遮り、吸収する性能があるので、家の中はとても静かなのです。

昨年の台風でも、次の日に点検にお伺いしたお客様から

『とても静かでした』と嬉しいお言葉をいただきました

雨風や雷の音もしっかり防いでくれたようです。

高性能窓は遮音性も高いのです

外が嵐でも、ぐっすり眠れる、安心安全な家造りを新築だけでなく、リフォームでも実現できます

是非ご相談ください

2019.07.19

吹き抜けの活用で

こんにちは!

沼津は今にも雨が降り出しそうです

前々回から吹き抜けについて投稿していますが、

今回も引き続きご紹介します!

先日登場した当社のショールームの吹き抜けは階段造れるほど大きなサイズでしたが、

↑は光と風が通り、家族の気配が感じられる吹き抜けの例です。

これでも高い窓から射し込む光は、暗くなりがちな家の中央付近を

照明にはない明るさと柔らかさで照らしてくれます。

狭い土地に建てる家でも吹き抜けの活用で、

広くて明るく感じる計画が可能です。

立地、土地の大きさで出てくる問題も吹き抜けの活用で解決してくれることもありますので、

さまざまなご提案ができるようにしていきます

2019.05.24

マンションリフォーム

こんにちは!

暑い、と思ったらこの週末、5月では異例の暑さのようですね

5月で30度超の予報、、。引き続き注意しないといけませんね

GW明けから始まったマンションリフォームの様子です。

着々と工事が進んでいます!!

この日は新しいお風呂の組み立てです。

マンションは物件や年代で構造が違いますが、

しっかり計画して手落ちのないように造っていきます

皆様、週末熱中症にはお気をつけてお過ごしくださいね

2019.03.18

マンションリフォーム始まりました!

こんにちは!

今日も暖かくて過ごしやすいですね!

こんな日が続くと桜の開花が待ち遠しいです

さて今回は新しく始まりましたマンションリフォームの様子です。

言葉で説明が難しくて伝わりづらいかもしれませんが、、

間仕切りカーテンで囲われていたトイレを壁でしっかり囲いつつ、

洗面所と一体化した雰囲気にしています。

電気配線やテレビ配線も移動や増設をして使いやすくします。

始まったばかりの工事ですが、寄り良い住み心地、生活しやすい環境のために

一生懸命進めていきます!!

2019.02.27

足元からあたたかく♪

こんにちは!

真冬の寒さのピークは過ぎたように感じますが、まだ寒い日もありますね。

寒さ対策のひとつが、床暖房です

新築のお宅の現場も、床暖房の工事をしています。

床暖房があると、エアコンより、温度のムラがなく、部屋全体が効率よく暖まります。

床暖房には電気と温水がありますが、こちらは温水式です。

ガス給油器にも、床暖房用の管がついています。

電気式、温水式、どちらも特長があり、

生活スタイルで適している方を提案させていただきます。

部分的にも取り付けることができますので、キッチンにつけたりもできます

足元が暖かいと、お料理のときもうれしいですよね。

寒い日は床から暖めると、足元から温かくなり、

特に朝はタイマーで温めておけば、起きたときにひんやりとすることもなく、

朝から頭寒足熱、健康にもいいですね!

2019.01.23

木のぬくもり

こんにちは!

寒いながらも日中の日向は心地よくて、週末また気温が下がるという

予報に怯えています(笑)

新築のお宅も着々と工事が進み、

こちらの更新が追い付いていませんが、、

現場の工事と平行して、作業場では内部の材料の加工が始まりました。

当社では建材メーカー製の材料より、↑のように本物の木の板を削って造っています。

山春建設自慢の木の家なので、

本物の木のぬくもりをお届けしたいです

2018.11.15

床暖房はじめました!

昨日は朝からひんやりな気温で、

今シーズン初めてショールームの床暖房をいれてみました!!

床暖房には電気とお湯式がありますが、ショールームは床面積が小さく、

入切がよくあるので電気です。

ショールームではただ床暖房をしているわけではないんです

実は、床材の実験もしています!

床暖房に『床暖房対応ではない』床材よ使ったらどうなるか?

ひび割れ、反り、隙間が空くなどがよく言われます。

三回目の冬を迎えますが、今のところ何も起きません。

引き続き経過をしっかり見ていきます!

床材は輸入無垢材(オーク)に自然系塗料を塗っています!

ショールームではいろいろな材料、仕上げ方法を使っていて、

お客様との打ち合わせ中、

資料をひっくり返して説明するよりも、指差して、

「ああいう感じになります」

「あの材料を使いますが、数年経つとああなるかも知れません」

と現物を示せるので、打ち合わせがしやすい&スピーディーです。

やっぱり実物を見るのが一番ですもんね!

新しくなって3年目のショールーム、

これからも少しずつご紹介していきます!

2017.06.22

アレルギーを悪化させない健康素材で家を建てたい方へ

健康素材に着目している当社。
今回は断熱材を紹介します。

今回はリフォームの家で、リビング・キッチンの床壁天井をほとんど壊し新しくします。
断熱材はグラスウールが入っているようですが、今度のリフォームでは、ポリウレタン系の断熱材を使います。

なんと!チクチクしない、完全無害な断熱材です。



これがどう使われるかは追って報告しまーす。

家族の健康は材料から。(株)山春建設です。

2016.11.15

断熱性が良いと表面結露にも有効な理由

2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会(HEAT20)の研究結果より

壁表面結露はカビの原因。断熱性が高い家は表面結露をなくして、健康被害を事前に防止します。

北側の外壁に面した通気の悪い部屋、押し入れなどは暖かく湿度の高い空気が入り込むと、冷たい壁表面温度で冷やされて結露します。
これを防ぐには気温の高い状態を保って(=断熱性能が高い)空気中の相対湿度を下げることで、結露しにくくすることです。

上図のように冷たい壁面に湿度の高い空気が触れることで結露が起きます。
また、壁内に湿度の高い空気が入り込むことで、「壁内結露」を起こしますが、吸湿性のある断熱材を使っていると、断熱性能の低下や壁内のカビの発生につながりますので、工事に当たってはこれらを防止する正しい知識を備えていなければなりません。

当社ではこれらの壁表面・壁内結露、その対策についてのセミナーをはじめいろいろなテーマで開催していますので、お気軽にお問合せいただければと思います。

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.