山春建設 建築士 山田のブログ

自由設計

2020.07.08

優しい階段。2歳未満の子供でも安全、高齢者配慮等級認定の上り下りしやすい階段の形

高齢者でも幼児でも安全に上り下りしやすい階段が標準の家造りをする

沼津市の工務店、山春建設の山田です。


当社に家造りのご相談をいただくご家族は幼少のお子様がいる子育て世代が多いですが、

打合せをしていても、こちらからお話を振らないと半数以上の方が無意識に通り過ぎていく場所

があります。

家の中で最も使用頻度が多い部屋、階段です。


階段の利便性・安全性は、体力が衰えたり事故が起きてみなければよくわかりません。

もし転倒事故が起きても階段の責任にすることは難しいでしょう。

設計の時、「ウチはこういう階段です。法律に沿っています。」と住宅の会社から言われなければ

異を唱えるお客様は少ないと思います。


今日のお話「上がり下りしやすい階段」とは?

前述の通り、これならば転ばない、ということはありません。

「上り下りしやすい階段」には3つの要素があります。

・蹴上げ(1段あたりの高さ) 

・踏面(1段の踏む場所の幅)

・踊場(階段が折れるところの形)


今日はこのうち、踊場(おどりば)の形に触れたいと思います。

よくある一般的な形は、平面的に30度の角度で折れながら上っていく階段です。



一般的な階段で、狭い範囲で高さを稼ぐことができるため、採用例が多いです。



こちらは私が一貫して採用している「上り下りしやすい階段」の形です。


山春建設の標準階段の例


踊り場は90度で、ここで転倒しても下階近くまで頃へ落ちることは少ないです。

これに手すりが付いた形で、当社はほぼすべての家が上り下りしやすくなっています。

設計時、お客様から特にご要望がなければこの形になり、

「安全!」
「楽だ!」
「広い!」

と喜ばれます。

ちなみに30°周りの階段に比べて面積は広く必要ですが、階段の下の空間を活用するご提案を

していますので、メリットの方が多く感じることと思います。


この階段の仕様は「高齢者配慮等級」という認定に適合しており、

新築後「すまい給付金」の対象になることがあります。



何気ないところもプロとして最高な品質と技術を提供する、私の家造りがよく表れている部分かもしれません。






この階段、幼児でも高齢者でも上りやすいです。



階段にまでよく気を使った家の施工事例やお客様の声がもうちょっと見たい方は下記アドレスまで!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.07.07

静岡県東部で新築・リフォームをご検討の方へ。現実的なモデルハウスや内覧会見学をお勧めする理由

新築やリフォームが完成した後「・・・こういうイメージではないはずだった。」

と思わない家造りをする沼津市の工務店、山春建設の山田です。


いきなり当社の紹介で申し訳ないですが、沼津市、静岡県東部地域で新築やリフォームをお考えの方

には、きっと参考になると思いますので、最後
まで読んでください。

最後にあるリンクから別ページにも飛んでください。(ここからでも行けます!)
  


当社には「体感ハウス」と呼んでいる、いわゆるモデルハウスがあります。

さきにお伝えしますが、このハウスの建築費はお客様への工事費の経費として一切計上していません。

会社の経費で建て、その経費を捻出するためお客様への工事金額に上乗せするやり方もあると聞きましたが、

当社のハウスは私個人の所有物であり、そんなやり方はしません。本当に。


そして会社事務所の一部をリフォームして「ショールーム」もあります。

この二つの展示場所をご見学いただくことで、家造りに必要なほとんどの情報を得ることができるよう

考えて造ってあります。



なぜ私が「体感ハウス」「ショールーム」を整備しようかと思ったかというと、

・現実的な家のイメージを持っていただく
・リアルサイズのイメージを持っていただく
・使用可能な材料の肌触り、質感を理解していただく

を強く思ったからです。



大きくて豪華な住宅展示施設はすごい所です。

しかし、提案がイメージとかなり違う・・
(そう感じた人の個人的感想)

ということもなきにしもあらず、です。

例えば完成したお家の内覧会や見学会なら、そこのお施主様の家なので、

より現実的に見学することができます。

家族構成が似ていれば、より興味を持って見学できます。

しかし、展示のための展示場は少し豪華に造られていることが多いです。

そのイメージ、スケール感が固着しやすいこともあり、「なんかイメージと違う」

が起きることがあるのです。



そのため私は「実際あなたにはこのような家が建つでしょう」を

初めから伝えたい、しかも、より高品質な家を提案したい、

その方が可能な金額で。 と思います。



ですので、新築やリフォームをご検討の方にも、完成した家の内覧会や、当社のような

リアルサイズの家の見学をぜひお勧めします。



山春建設が造る「標準仕様の家」


実際に当社の「体感ハウス」「ショールーム」をご見学いただいて新築やリフォームに至ったお客様からは

「とても分かりやすかった」
「こんな感じがいい!と思った通りの家ができてとても満足」
「体感ハウスを見学して、必要な部屋や面積が理解できた」
「体感ハウス・ショールームで思い描いていた家のイメージの整理ができた」

など、嬉しいお声をいただいています。



「体感ハウス」「ショールーム」とも当社標準仕様の無垢材の床や漆喰の壁でできていますので、

新築完成時ばかりではなく、3年後、5年後の色や質感の変化を確認することもできます。



当社の「体感ハウス」「ショールーム」をご見学いただいて、新築をされたお客様のお声に

ご興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.07.06

沼津の工務店山春建設でおすすめの吹き抜け。空間を広く感じる吹抜けのメリットデメリット。

空間を広く感じる工夫をする沼津市の工務店、山春建設の山田です。

広く感じる家が建てたい
できるだけ安く建てたい
思い通りの家を建てたい
生活しやすい家を建てたい
安心して住める家を建てたい 


いろいろな思いが交錯する家造りですが、

お求めになった建築予定地の面積・形状やご用意できる金額、法的な決まりなど諸条件

により、完全完璧にご希望通りの家造りというものはあまり実現でいないことが多いです。

しかしその中でも最大限に努力して実現することがプロとしての実力であり夢でもあります。


その中でも近年多いご相談は

明るいリビング・広いリビング、です。

土地面積やご家族構成から必要な部屋数などを考慮しつつ、広くて明るいリビングでは、

「吹抜け」をお勧めすることが多いです。


最近の施工事例では日当たりが良いとは言えない土地への建築に当たり、

「吹抜け」によっていくつもの課題を解決しました。

吹抜けのメリットは何と言っても

・天井が高く開放感がある
・高い位置の窓から採光ができる
・効率的な換気経路を確保できる

という居住性の良し悪しに直接関係のあることが挙げられます。


デメリットとしては(よく聞かれる不安なところ)

・寒そう
 
と言われます。

たしかに暖かい空気は天井近くに、寒い空気は床にたまりますし、何もしなければ

吹抜けにした床は冬は寒いかもしれません。


しかし、対策としてはすでに一般的ですが、今回建築したお家はデメリットの対策もしてあります。

・プロペラファンで空気を撹拌する
・床暖房で1階床を暖める

これにより夏・冬両方にデメリット解決ができます。


先日完成した大きな吹抜けのあるお家のお施主様にお会いすることがありましたが、

お家を見に来た親戚の方が

・明るさ(窓ガラス面積の多さ)
・空間の広さ(そう感じる)

を絶賛していたと聞きました。






↑大きな吹抜けのある施工事例





↑リビングを勾配天井にした施工事例


吹抜けに限らず、どんな場所、ご希望にもメリットデメリットがあるものですが、

メリットは生かし、デメリットは抑えるかメリットに変換する、こんなことを

そのお客様が実現できるよう日々考えを巡らしています。



そんな当社が建てているお家にご興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.07.04

ぴったりサイズの家具・本棚がほしい方へ 空間を無駄にしない家造りできます その3

広くはないリビングダイニングでも、空間を無駄にしない設計で、スッキリ収納を

実現する沼津市の工務店、山春建設の山田高士です。


造り付け家具シリーズ

www.yamaharu-k.com/blog/2020/07/7398/

www.yamaharu-k.com/blog/2020/07/7399/

に続くぴったり家具のお話です。



リフォームをさせて頂いているお客様から、収納のご相談を頂きました。

項目を簡単に整理すると・・


・電子レンジ・トースター・炊飯器・電話・家事、料理関係の本や資料、その他小物を収納したい

・リビングが広くはないので小さめに収納したい

・リビングの一部なので「いかにも収納庫」という雰囲気は隠したい

・できるだけキッチンを隠せる感じにしたい

・地震時に倒れないように


という、「そんな家具あったらいいな~」を満載した内容でした。


こんな時は「しまいたいものリスト」に家電などの大雑把な形と、最も出っ張った場所のサイズを書き込みます。

そして家電製品なら、一番大きいサイズのメーカーを調べて、それを買った場合にも置ける設計にします。


そして今回のご希望を実現した家具がこれ。







各家電などの置き場は、

・使う場所
・頻度
・使う態勢(立って使うのか、テーブルで使うのか)
・使う時間帯

などを考慮して決めました。

そして部屋の色や雰囲気にマッチするようにデザイン、材質も配慮。


下の画像はトースターと炊飯器の収納スペース。

湯気や熱が出るので解放できるようにし、使わないときはしまえるよう、引出し式にしました。






お客様からはとてもお喜びいただきましたが、ぴったり家具には

緻密な計算、大胆なデザイン、低予算を目指す合理性。。

いろいろな要素がまとめ上げられているのです。


こんなことができるのも工務店ならではの小回りの良さと、いろいろな「都合の良いもの」を

考えてきた経験です。


これからもお客様の快適な暮らしを応援できるよう研究を重ねていきたいと思います。


こんな私と当社にご興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.07.04

自由設計・省エネ・快適な家を造る沼津市の工務店山春建設が家にこだわることができる最大の理由

こだわりの家造りで、ご満足いただける暮らしを実現する沼津市の工務店、山春建設の山田高士です。

普段ブログでは当社の家造りのお話をさせていただいています。


テーマは大きく分けて

・「耐震」「制震」「減震」などの地震関係

・断熱・、省エネルギー

・間取りや外観、空間コーディネート

・アフターメンテナンス

など家の形や性能に関すること、そして

お客様とお打ち合わせとし、「こだわりの家」を実現する代表山田のエピソード

から成っています。

この「打ち合わせ、接客を代表自らが行う」ことこそが

山春建設の最大の強みです。


家造りには「企画商品」と「カスタマイズ企画」「自由設計」があると思いますが、

山春建設は一貫して「自由設計」スタイルを採っています。


お客様の生活やこだわりに合った家造りには、間取り、外観を好き勝手(自由)に考えられる「自由設計」

が最大の効果とコストパフォーマンスを実現できるからです。



代表地震がお打ち合わせを行い、設計、アイディアを出し、工事現場を監理し、家を完成させる。

これが当社がこだわりの家を造り、ご満足をいただける要因になっています。




※工事現場で構造合板の床に造作物の位置を書く山田



「設計時にそんなお話がなかったので、今からではできません。」

という企画型住宅商品と違い、可能性のある限り、家のご契約以降に出てきたご要望にも対応できる

自由設計だからこだわりの家、オンリーワンの家が造れます。


それに助けられた多くのお客様からお喜びの声をいただき、「この仕事が天職」40歳を過ぎて実感しています。


そんなお客様の声と自由設計で建てられた家にご興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.07.03

ぴったりサイズの家具・本棚がほしい方へ 空間を無駄にしない家造りできます その2

空間を無駄にしない設計で住みやすい家造りをする沼津市の工務店


山春建設の山田です。



梅雨真っ只中、こんなときはサラッとした感覚が恋しいものです。

特に畳なんか肌触りも良いし、新品なら匂いも良いしリラックス効果絶大です。


なぜ畳の話に強引に持っていったかというと。。。

前回のブログwww.yamaharu-k.com/blog/2020/07/7398/に続く「ぴったり家具」ネタで今回は、

新築の家に造られた、「畳ベンチ」のご紹介です。




工事着工後にお施主様から

「食事後、ちょっと横になれるようにしたい」
「両親や親族を食事に招くことが多い」
「家具屋さんに行ったが、気に入るものがなかった」

というおご相談をいただき、ご提案させていただきました。


このサイズなら大人2名、お子様3名が同時に座れます。



耐久性・香りの良さ・肌触りに優れたヒノキを使用し、座面に畳を敷いています。

普通の畳に比べると小さめの特注サイズですが、「本畳」といって

和室にも使われている本格畳です。

新建材のビニール畳にはない質感があります。


座面の下は、ホームセンターなどで売られている収納ケースが入るように

サイズを合わせてあります。


工事開始後でもこのような対応ができますので、ご入居されたお客様からは

私の対応に良いご評価をいただき、やりがいを感じます。


次回「ぴったり家具シリーズその3」では、絶対に世界で一つしかない

一つでいろいろな機能を持つ家具が登場します。

www.yamaharu-k.com/blog/2020/07/7400/




こんな当社の対応にご興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.07.02

ぴったりサイズの家具・本棚がほしい方へ 空間を無駄にしない家造りできます その1

空間を無駄にしない設計で住みやすい家造りをする沼津市の工務店


山春建設の山田です。


新築やリフォームを機会に、家具を買い換える方も多いと思います。

部屋にぴったりの真新しい家具♪

部屋にぴったりサイズの家具をお求めになりたいときは、部屋の内側の寸法を

略図に書いて家具屋さんに持っていき、店員さんにきいたり、計算が得意な方は

ご自分ではサイズを確認して、家具がお部屋に入るのか、並ぶのかなど考えて

お探しになると効率的です。


ちなみに当社の場合は、お客様がご希望なら私がついて行って、サイズ的な

アドバイスをさせていただいております。

ときどき、色や質感、デザインのご相談に乗ることもあります。




しかし、

・ほしい場所にちょうど良い

・目的を満たす

家具がなかなか見つからないことも多いです。

そんなときはオリジナルの家具を造ることもあります。


写真のお家は部屋の一面を造り付けの本棚にした施工例です。

この本棚は「新建材」ではなく、本物の木の板(集成板)でできていて、

当社の加工場で部材を造ったものです。



この棚で漫画の単行本なら2180冊入るはずです。

最上段と最下段にはA4ファイルがちょうどぴったり入ります。 

床にも当然補強材が入っています。

完成内覧会のご来場者から多くいただいた質問が、

1.「高額なのでは・・・?」

2.「ウチにも付けれる?」

でしたが、

専門の家具を買うよりもお安いかもしれません。

収納するものが分かっていれば、しっかり目的に合致するよう設計・製作します。

そして設置する適切な場所があれば造れるお家は多いです。


せっかく収納棚を買ってもデッドスペースができてしまうことはよくあります。


新築でもリフォームでも間取りやデザインのご希望のほかに私は

「何を収納しますか?」
「何に使いますか?」

とよくお聞きします。

収納の計画まで考えることも「快適」な家の要素だと思います。

こちらの家具のお話も見てください。
www.yamaharu-k.com/blog/2020/07/7399/




収納まで考えたスッキリしたお家にご興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.06.17

沼津、県東部地域で家の新築を土地選びから初める方へ 理想の家を建てる方法

家の新築の第一歩は、建築する土地があることです。

建て替えなら土地の心配はありませんが、土地から求めるならお悩みが一気に増えます。

先月、家が完成し、無事にお引渡しをしたお客様もそうでした。

初めてご相談をいただいたのはちょうど1年前頃。

「それまで住んでいた町から、ご実家に近い地域に引っ越すことになり、土地を探している」

と知人からのご紹介をいただいた方でした。



そのお客様が土地選びの条件にしていたのは次の点です。


・幹線道路までのアクセスが良いこと

・新築の家には普通車2台、軽自動車1台が停められること

・土地で使える予算(周辺相場に比べて安めであること)

・部屋数、収納、LDKの面積など家族に必要十分な家が建つこと

・日当たり良好であること


これらを考えて土地を探していらっしゃいました。

しかし、なかなか希望通りの土地はありません。

また、もし良い土地ができてもすぐに売れてしまい、金額の交渉すらままならないことが多いのです。

そこで私にご相談が来たのですが、土地探しの段階から、私にご相談していただくことは大きなメリットがあります。

それは土地の条件によっては建築の工夫で解決できることもあるからです。

例えば

① 日当たりがあまり良くなく、採光に難があること

② 狭い土地

③ 三角形や台形など不整形の土地    など

これらは当社の家造りでも取り入れているやり方で克服できた例が多いです。


先のお客様はお求めになった土地こそ四角形の整形地で狭くはなかったものの、

道路に面する方向以外を建物に囲まれ、冬の午前中の直射日光はほぼ無し、同時刻唯一の日当たりは、

南側2軒の間から差し込む光、という土地でした。(幹線道路までのアクセスは希望通り)

金額は購入時期が冬だったこともあり、採光の条件を指摘しやすく、さらにお安くしていただいたようですが。

このお家では

・高所窓
・吹抜け
・大きな窓ガラス面積
・窓の位置
・日光が入りやすい家の形状

を駆使して自然光だけでも明るい家にすることができました。


ご自分で土地から探すときでも、不動産屋さんにお問い合わせをしながら、建築会社にも

ご相談を頂き、土地探しと建築計画を同時に考えることで、理想の家づくりに近づく事ができます。




土地条件で悩んでいる方土地で建築のご相談は下記まで

㈱山春建設  山田
TEL 055-963-1918
TEL 090-1414-7388


興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.06.15

沼津で無垢材が標準仕様の家を建てたい方は、材料を提案する山春建設へ。

家造りの計画が進んでいくと、いろいろ決めることがあります。

当社でも家造りに当たって床や壁、屋根、玄関などなどたくさんの材料を決めていきます。

でも「お客様任せ」ということはありません。

私山田が設計と同時に最適な仕様を提案しています。

住宅メーカーさんのように「基本プラン」はありませんが、流行や客層のニーズ、資金計画、当社の信念などによって

最初のプラン提出時に仕様もご説明しています。


ほとんどのお客様は「一番良い提案」を望んでいるので、私たちはお客様の生活スタイルや家族構成やこだわりをよくお伺いし、

(加えて私の場合は「よく察して」)考えます。


例えば床。当社の家造りではリビングに「無垢材」の床材をよく提案します。

無垢材とは「木の板」を床材に加工したもので、、一般的な「合板フローリング」が表面だけ木目のシート張り

または、ごく薄い本物の板

であるのに対し全部「木」でできています。

よく言われているメリットは、

「裸足で気の質感を感じやすい(梅雨時でもサラッとしている)」

ですが、当社での説明はもう一つ

「傷がついても心のダメージが少ない」です。

新品のツヤツヤしているフローリングに引っかき傷がつくとガッカリしますね。

しかし、無垢材なら樹種にもよりますが、小さな傷なら水で濡らせば元通りになることが多いです。

また将来、床全体を削って新品同様にリニューアルすることもできます。

小さなお子様がいるとおもちゃなどで、どうしても傷はつくものです。

私の家も例にもれず。


無垢材の床がお気に入りのお客様から

「フローリングの傷はいつまで経っても傷でしかないが、無垢材の傷は歴史になる」

との名言をいただきました。


どうせ傷がつくなら安い床材で・・では満足できる家造りにはなりません。

傷を直すことができる家にした方が、心配事が一つ減り、より生活を楽しむことができます。

住んだ後の生活の知恵まで提案する私が家をお造りします。





無垢材のフローリングは傷がついても直しやすいです。



サンプルの例。

当社ショールームにあるたくさんのサンプルできっとお気に入りが見つかります。

当社に少しでも興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.05.20

オリジナル建具

こんにちは!

静岡県は緊急事態宣言が解除され、子供たちの幼稚園や学校の再開のお知らせもあり、

喜ぶ子供に元気をもらえました。

まだまだ油断はできませんが、少しずつ日常が戻ることを祈るばかりです

さて、完成見学会を終えた新築のお宅から、少し前に撮った『製作建具』の画像です

当社ではドアや室内窓などが、建材メーカーの商品にないときは、オリジナルの建具を造っています。

長年お付き合いのある、建具屋さんに製作を依頼し、オリジナル建具を造るのですが、

今回は、世界でひとつだけの素敵な木製窓ができました

使用しているガラスは、昭和レトロ感のある【フローラ】という模様で、

よく見ると、細かい花柄模様が規則正しく並んでいます

アンティーク家具などでも見られるこちらのガラスは、木との相性も良く、

レトロ感を出して窓をよりお洒落にしてくれます。

どこか懐かしさ、親しみやすさもありながらも、斬新さもあるこの窓、

こちらのお宅のこだわりのひとつです

2020.04.23

完成!!!

こんにちは!

4月も後半に入りましたが、まだまだ朝は肌寒く感じますね

さて、今回は前回の続きで、新築のお宅のウッドデッキです!

樹脂と木の粉を混ぜて造られたハイブリッドデッキ。

木のウッドデッキの質感、肌触りと、樹脂材の耐久性を併せ持つ、

人にやさしくメンテナンスフリーのウッドデッキができました。

デッキの隅を高くして、座ったり、お茶をしたり、寄りかかったり、使い方自在です。

最強のウッドデッキ、完成です!!

 

 

★~☆~★~☆★~☆~★~☆★~☆~★~☆★~☆~★~☆★~☆~★~☆

◆ 5月16日(土)~17日(日)裾野市内にて新築住宅完成見学会を開催します

  https://peraichi.com/landing_pages/view/kansei202005

◆ 北欧風・自然素材・自由設計の家の特設サイトもご覧ください

  https://peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1

2020.03.10

岩盤浴気分が楽しめるお家

こんにちは!

昨日は暖かくて過ごしやすい1日でしたね

今回は新築のお宅のご紹介を

新築のお家はキッチンにタイルを張り始めました。

家の中の床にタイルを張るとお洒落で、掃除しやすいメリットがありますが、

冷たくて、足元が冷えてしまうデメリットもあります。

しかし、こちらのタイル床には温水式床暖房が埋め込んであり、

キッチンに立っていても足元から温かく、スリッパがいらないほどです。

また、タイルが蓄熱するので、温水配管から少し外れている場所でも均等に温かくなります。

以前、じようにキッチンに床暖房&タイル張りをしたお客様からは

『岩盤浴みたいで、つい寝転がってしまいます』

と感想をいただいております

一階リビング、ダイニングキッチンの大部分に床暖房を張り巡らし、

おそらくエアコン暖房はほとんどいらないお家、

岩盤浴が楽しめるキッチンのお家

完成が楽しみです

2020.03.03

北欧スタイルの家にオーク無垢材の床

こんにちは!

沼津市も学校が休校になり、町はいつもより静かに感じます。

我が家も子供達との外出は控え、家遊びを模索中です。

最近子供との地図絵本で遊びながら、どうしても目につてしまう北欧。(職業病?笑)

北欧4ヵ国、

スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェー、

どこも高緯度(北海道より北)にある国です。

いつかすべて行くのがわたしの夢です

当社の標準仕様の断熱性能と快適さはそのレベルににしていますが、

今回はちょっと視点を変えて、『床』をご紹介します。

木には大きく分けて、『広葉樹』と『針葉樹』があります。

広葉樹は赤道近くをはじめ暖かい地方に多く、木目は不明瞭で硬い木や大木が多い、

針葉樹は北欧や北米など寒い地方に多く、木目ははっきりしているなど特徴があり、

木といえば広葉樹、木の板といえば針葉樹を想像しやすいです。

当社では無垢の床材(合板ではない本物の木の床材)は針葉樹の方が使用実績が多いです。

北欧スタイルの家なら針葉樹の床材、中でオークやタモがお勧めです。

繊細でもはっきりした力強いな木目で飽きのこない、使ってよかったと思える床材です。

当社ショールームではこの他にも豊富な床材サンプルをとりません揃えており、

お施主様に選ぶ楽しみとアドバイスを提供させていただいております。

大変な時期ですが、できることを精一杯やっていきたいですね。

2020.02.11

明るいリビングも!

こんにちは!

週末にかけて気温上がるらしいですね。

もう春もすぐそこでしょうか?

今回は今日の暖かい日差ちちなんだお話を、、、

家を建てるとき、土地を選ぶのはとても大事なことです。

しかし、面積、価格、形状、交通、日当たりなど、、

すべて理想的な土地に巡り合うことはそうそうありません。

例えば『明るいリビングがほしい』と思っていっても、ご近所の家や、マンションなどがあり、

少々日当たりが悪くても妥協しなくてはいけないかもしれません。

そんなとき!!!

天窓(トップライト)と吹き抜けが効果を発揮します!

明るい天空光をダイレクトに1階のリビングまで落とし込み、風が通り、高い天井は家を広く感じる、

幸せな空間ができます。

土地の悩みでも、形状や日当たりや、プライバシーは、建築計画で解決できることが多いのです。

土地から探す方はもちろん、元の土地に建て替えの方も、建築には無限の可能性があります

悩まず、専門家に相談してみましょう!

煙突がなくても、トップライトがあれば、サンタクロースが入ってくるかもしれません

2019.07.17

楽しみ方いろいろ♪


こんにちは!

沼津は月末にお祭りを控え、だんだん活気づいているように感じます。

今年はパレードもあるのでより盛り上がりそうですね!

さて、前回の続きになってしまいそうですが、、

昨日ご紹介した、当社のショールームの階段は、

階段の途中に本棚があります。

壁に埋め込まれている形になっているので、本棚としてスペースをとる必要はありません。

こちら、私の趣味である読書を、自分なりに楽しめるスペースとして階段を使ってみよう♪

そんな遊び心もあって造った場所です。

本来ならただ通過するだけの階段、そんな階段に座って本を読んだり、休んでみたり。

そんな生活をイメージしてしてみました。

階段の一面を本棚にして『図書館』ぽくしてみるのも楽しいかもしれません(^^♪

階段を通路の一部ではなく、生活の一部に。

ただ生活するのではなく、ワクワクする家、楽しみをより楽しくする家、

いろいろ考えて造っています

2019.07.16

リビングを広く感じたい方へ

こんにちは!

天気予報がずっと雨マークで、なかなか外でも遊べず、

我が家の息子たちも不満気です

今回は“リビングを広く感じたい方へ”

リビングは狭くないけど、広い方でもない。

そう思う方も多いと思います。

子育て世代に必要な十分なサイズの都市型コンパクトハウス(当社ではそう呼んでいます)

のリビングもそうです。

その改善策の一つが、リビングを吹く抜けにして、縦の空間を造ることで

広く開放的な部屋にすることができます。

さらに吹き抜けに階段を造り、空間のつながりを有効に利用する工夫もできます。

この吹き抜け階段は当社のショールームで

いつでも体感していただけます

実際に吹き抜けリビングを見ていただいてイメージを膨らめていただけたら嬉しいです

いつでもご相談、お問合せください

2019.06.14

外流し

こんにちは!!

曇っていてもなんだか蒸し暑いですね

早くカラッと晴れて、お庭で水遊びをしたがっているお子さんをお持ちの

ママさん、パパさん、ばーば、じーじもいらっしゃるのではないでしょうか

わたしもそのひとりですが

ということで、

今日はお庭の水回りのご紹介です。

クラッシュタイルを張った外流しです。

廻りのレンガとちょうどいい感じに仕上がりました

クラッシュタイルは3色のタイルの組み合わせで、

たくさんのパターンができます

少しの工夫でお庭の水回りが一気にお洒落になりますね

2019.05.27

ドア廻り

こんばんは!

今日も週末もとても暑かったですね!

体調管理気をつけましょう

さて、これまでドア本体に注目した投稿が多かったですが、

今日は少し目線を変えて、、。

当社は玄関ドアの廻りだけ外壁材と違う材料で装飾することが多いです。

「石」のように見えても本物の石と石にそっくりなセメント素材があります。

↑は本物の石でできています。

セメント製品には出せない透明感、光沢感があり、豪華さが増します。

↑はセメント製品です。

今は言われてみないとわからないくらい質が良いものが多いです。

比較して、それぞれメリット、デメリットをご説明して、

お客様が納得いく素敵なドア廻りづくりをしていきたいです

2019.05.17

店舗の方を、、

こんにちは!

日中は「5月!?」と思ってしまうような暑さですね!

この暑さからあとどれくらい暑くなるんでしょうか(>_<)おそろしいです、、(笑)

さて、以前からご紹介させていただいている新築のお宅ですが、

実は店舗兼ご自宅なんです!

ご自宅内のご紹介ばかりでしたが、今回は店舗の方をちょこっとご紹介です。

↑は受付です。

明るく開放的なカウンター。

お施主様支給の葉っぱがオシャレな照明器具が引き立って、更に素敵になりました

カウンターの左下にバッグを置ける板をつけました。

これが便利なんです

↑は待合室です。

白い壁に濃い茶色の壁がアクセントになっています。

床は木目調です、フロアタイルと言って、劣化しにくい硬質ビニルでできています。

たくさんの患者さんがきても大丈夫です

ご自宅の方とはまた少し雰囲気を変えて、木のぬくもりをより感じられる造りになっています

2019.04.18

桜と・・

こんにちは!

暖かい日が続き、ついこの間満開かと思った桜がもう葉桜ですね。

寂しい気持ちもありますが、新緑の季節はまた違う良さがあっていいですよね

新築のお宅は、完成を控え、各部工事が急ピッチで続ています。

今回は初めてお宅の全貌を

(もちろんまだ途中ですが。)

桜が満開の時に撮影しなかった自分を責めますが、、

桜に重ねて撮った一枚です

葉桜も屋根の緑と調和していい雰囲気!!ということで

こちらのお宅、桜の木が目の前で、本当に羨ましい限りです

完成までもう少し!!

がんばります!!

2019.01.30

快適に生活できる家の小さなポイント

こんにちは!

蕎麦好きのわたしだけの観点かもしれませんが、、

画像の垂れ下がる大量の電線、、

工事の度に蕎麦に見えて、蕎麦が食べたくなります(笑)

なかなか見ることも少ないと思いますが、電気配線工事の様子です。

家のすべての電線が集中する、分電盤のあたりです。

電線の量は【回路】の数で決まります。

例えばいくつかのコンセントで、コピー複合機・ドライヤー・電気温風器・ホットプレートなどを

同時に使った時、違う部屋のコンセントでも一つの回路で電気を送っていたら、

分電盤のヒューズが落ちてしまいます。

このため、電力を使う機械(特に熱が出る家電)は、

なるべく回路を分散して、一つに負荷がかからないように配慮します。

設計プランの時に、どんな家電製品をお持ちなのか、同時に使うかを

なるべく詳しくお聞きするのはこのためです。

生活パターンの確認は間取りだけでなく、

電気屋給水給湯にまで影響する、大事な情報なのです。

家が建った後、生活し始めて不便なく、今までより快適な暮らしがおくれるように、

事前にお伺いしてできることはすべてやる!、、、見えなくなってしまうところだからこそ、

細かく考えていきたいですね

2018.12.27

建前

こんにちは!

大寒波到来!と天気予報で言っていた通りの寒さですね

皆様、年末年始、健康で迎えられるように暖かくしてくださいね!

さて、少しわかりづらいですが、前回から引き続き、新築のお宅の様子です。

なにをしてるかわかりますか?

先日、建前のお餅まきを行った時のワンシーンです。

建物の工事の安全と、これからの建物との生活の繁栄を願って。

あいにくのお天気でしたが、たくさんの方が拾いに来てくだり、大盛況でした!

近年では建前のお餅まきも減ってきて、わたし自身、参加の機会も子供の頃に比べたら

少なくなってしまいましたが、やっぱり楽しいです

そして自分たちが造り上げているお宅を施主様たちと、

地域の方々やお知り合いの方にお披露目できてうれしいです

より一層、気合が入りました!!

年内の工事もあとわずか!頑張ります!

2018.12.26

現場から☺

こんにちは!

クリスマスの終わりと同時に、世間はお正月モードに突入ですね!

もう6日寝るとお正月~♪です、早いですね!

先週の新築のお宅です!

建方は上階に進み、ぬけるような青空のもと、屋根が組みあがっていきます。

建方が始まると、全体が出来上がっていくのがわかりますね!

幸い、ひどい雨もなくスムーズに工事が進むことに感謝です!

毎度のことになりますが、引き続き、安全第一で工事は進みます!

2018.12.20

建方スタート

こんばんは!

今週は天気にも恵まれ、いよいよ新築住宅の建方作業(現場において構成材を組み立てること)が

始まりました!

ひとまず、の段階ですが、

『お客様、おめでとうございます!』

いいお天気の中の建方作業、清々しい気分になります

そして応援されてるのかと思うくらいの過ごしやすい気温が続き、

作業もはかどります!

引き続き安全優先に進めていきます!

2018.10.29

ショールーム

こんにちは!

今日の沼津は快晴で、とても過ごしやすいです☺

前回吹き抜けのお話をしましたが、山春建設のショールームにも吹き抜けがあります。

ショールームの大きな吹き抜けからは、リビングが見渡せます。

吹き抜けの上はキッズコーナーになっていて、

打ち合わせにお子様がご一緒でも、自由に遊べるようになっているので、

打ち合わせに集中できます(*^^)v

キッズコーナーには保育園OBの女性スタッフがおり、

柵も閉められるので、お子様が抜け出してしまうことなく安心です!

位置的に下から顔を上げればキッズコーナーに目を配ることができるので、

打ち合わせ中もいつでもお子様のお顔を見ることができます☺

大切な打ち合わせを進める空間、お客様が過ごしやすいように、

日々改良を重ねています!☆彡

2018.10.26

吹き抜け

こんにちは!

近年、お宅を吹き抜けにされるお客様がとても増えています。

お問い合わせも多いです。

吹き抜けだけではありませんが、家を建てるにあたって、必ずそれぞれメリット、デメリットがあります。

メリットだけでなく、デメリットもちゃんとお伝えすることも大切にしないといけませんよね。

☆吹き抜けのメリット☆

・家の奥の暗めの場所にも光が差し、環境計画がしやすい

・風が通り、階段と併せての通風ができるので、家中空気が循環し、これから標準になる高気密高断熱仕様の住宅では

通風計画で有効(エアコン1~2台で家中快適な家にしやすい)

・同じく縦の空間のつながりにより、家族の存在を感じやすく、それを好む人には最大の魅力になる

(家族で顔を合わす回数が増える)

★デメリット★

・断熱性能を高く、換気計画をしっかりしないと家の中の温度差が大きくなり、不快に感じることがある

・大きな吹き抜けでは家の『ねじれ剛性』が低下しやすく、壁の仕上げ材にひびが入りやすくなる

(構造計画で軽減できる)

・二階の面積が減る

一部ではありますが、、吹き抜けひとつでも、これだけメリット、デメリットがあります。

吹き抜けをはじめとする、住宅に関するメリットの活用、デメリットの解消方法、

なんでもご相談ください☺

2018.10.23

ふたつめの、、

こんにちは!

今日はこちらから、、

生活感たっぷりな画像で失礼致します!(;・∀・)

我が家、体感ハウスには洗面所洗面台の他に、

トイレの向かいに手洗いコーナーがあります。

トイレの中に備え付いている手洗いスペースではなく、独立した手洗い場です。

例えば、父がお風呂から出てドライヤー中に、息子は歯磨きしてお口ゆすぎが同時進行できます。

今は子供が小さいので、洗面台の取り合いはありませんが(^^;)

成長していくにつれて、洗面台渋滞の時期はやってくると予想して

(自分もそうだったので、、)造りました。

これで朝の混雑は避けられます!

また、来客の際にも、お客様を洗面所に通さなくても手洗い場を提供できるので、

洗濯物や浴室を気にする必要もありません。

もちろん見学に来られた方には全部お見せしますよ!

手洗いコーナーは体感ハウスを見学に来られた方に

『こんなのもできる』

とお伝えできるスペースになっています。

2018.10.18

○○の秋

こんばんは!

「○○の秋」、と言えば、、

食欲、芸術、スポーツなどありますが、、

本好きのわたしはやっぱり「読書の秋」です!

建築関係の本ばかり読み漁っていましたが、最近は同じくらい息子と絵本も読んでいて

なかなかおもしろい出会いがあります(^_^)

ということで、今回は体感ハウス(モデルハウス)のセカンドリビングから。

造り付けテレビ台兼本棚です♪

「我が家図書館」にしよう!と思ってつくりました。

テレビを置く計画がわかっていれば、あとからテレビ台を既製品から合うサイズを探す必要もなく、

まわりに希望通りの棚をつけられます。

コンセントやアンテナの配線、それを通す穴も空けられるので、

テレビをはじめとした電化製品のコードもスマートに収納でき、

見た目もきれいです。

我が家はマリメッコ(フィンランドのアパレル企業)の布で、

家全体の北欧感を統一させました☆

今はわたしの趣味の本だらけですが、、

絵本が増えていく本棚もこれからの楽しみです(*^_^*)

2018.10.16

階段☺

こんにちは!

10月もあっという間に半分過ぎてしまいましたね。

秋らしいことをしなくては!と焦ってます(-"-)

今回は階段のご紹介です!

当社標準の家の階段幅は、有効幅で87㎝以上で、従来の日本の規格より9㎝広いです。

蹴上げ(階段の一段の高さ)は、187.5㎜、

できれば185㎜と、とても楽に上がることができます。

段の面(踏面)は270㎜で広くて安全です。

これは、バリアフリー法で奨励されている規格に適合している住む人に優しい階段です。

段が折り返す踊場は、4~6段で回っている家が多いですが、

当社は段なしか、↑のように1段までしかつけません。

上り下りが楽なのはもちろんですが、転落防止、事故軽減にもとても有効です。

“子育てしやすい家”ですが、子育て中だけでなく、

年齢を重ても生活しやすい家を、と考えて造りました。

プラス、

階段の壁にニッチ(小物や絵などの飾り棚として利用するために壁の一部をへこませた部分)

を造ってあります♪

2018.09.26

輸入ドア

こんにちは!!

朝晩がだいぶ涼しくなりましたね。

さて、前回ご紹介した古民家カフェですが、

9/30にオープンハウス(プレオープン)があります!

目前に迫ってますので、インスタ、FBと重複してしまいますが、

私の個人的一押しポイントをご紹介させてください(^.^)

今回はこちら。

ブルー系のお色味がおしゃれで、でもきつい感じにはならず、

個性的に仕上がったドアです。

こちら輸入ドアで、お好きな色にできます♪

近付いてみると、、

ガラス部分が模様のようになっています!

この模様は一枚一枚違うので、

世界に一つの模様なんです!!

オリジナリティに富んだこちらのドアは、

もともとは階段下の壁だったところをぶち抜き、

キッチンとワークショップ室を繋げたドアなんです。

ワークショップ室もかなりこだわりの詰まったお部屋なので

またご紹介しますね!!

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.