山春建設 建築士 山田のブログ

2016年06月

2016.06.22

雨戸でエコと安全を

 この時期から考え始める方も多いと思います

① 家の中が暑くなるので通風したい 
② 出かけるときも窓を締めきりたくない
③ でも防犯が心配

そんな方に朗報


不二サッシ㈱さんのエコアマド。
しっかり通風を確保しながら、施錠して防犯も安心な画期的製品です。
サイズは特注に対応しているので、今雨戸が付いているお家も雨戸だけ交換できます。
窓ごと解体して交換など大きな工事はしないので、手軽にリフォームできます。
省エネ効果や詳しいチラシはこのホームページ内の「イベント情報」に載せてあります。

2016.06.17

ゼロエネルギー住宅

ゼロエネルギー住宅(ZERO energy house) ビルダーに登録されました!


ゼロエネルギー住宅(ZEH)という家をお聞きになったことがあるでしょうか。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)とは年間の一次エネルギー消費量がゼロ以下または概ねゼロ(nearly ZERO)となる住宅のことで、省エネルギー基準の一つの形として国が推進しているものです。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)申請、認定されることで、補助金が利用できることがあります。
しかし、家をZEH仕様にして補助金を利用するには、ZEHビルダー登録されている工務店などでなければ建てることはできません。
当社も今回承認され晴れて登録ビルダーとなりました。
今後とも省エネ住宅に力を入れ、ゼロエネルギー住宅の断熱・省エネルギー性能でいながら、今までどおり子育て世代に安心な
無垢材なや漆喰など自然素材を多く使った家
フリーモジュールで自由設計の家
耐震等級3相当の高い耐震性を持った家
を推進していきたいと思います。

2016.06.16

制振装置の講習会に参加する

 大きな地震が続く日本列島。
これから新築やリフォームをお考えの方は地震対策の関心も高まっているのではないでしょうか。

当社では新築の家には標準で「油圧制振ダンパー」と取り付けていますが、さらに幅広い耐震・制振構造を提供するため、新開発の制振装置の説明会に行ってきました。

こちらは現在当社標準の制振ダンパーです。地震による家の変形を30%軽減します。


講習会で実演している新型制振装置。




壁の中に筋交いのように設置します。
一部がアルミ押出成形で作られたスリットになっていて、ここで装置の伸縮(=家の変形)を吸収します。
実演のあと質疑応答がありましたが、集まった皆さんは住宅建築の最前線でご活躍のプロばかり、鋭い質問が矢継ぎ早に出ていました。
当社もこの装置の活用方法を検討し、導入の可能性を探りたいと思います。
いろいろな建材の中から当社の家造りに最適なものを選びお客様にお届けする、常に勉強の日々です。

2016.06.13

完成写真

 当社では完成したお家は、プロのカメラマンにお願いして完成時の写真を撮ってDVDにしてお施主様にプレゼントしています。
外構工事が完成してすっかり出来上がった家の撮影が行われました。



富士市の「ギンジ クリエイティブ ワークス」の深澤銀二さん。
20代にして素晴らしいセンスをお持ちのカメラマンです。
建築だけではなく、結婚式やイベント事の撮影に引き合いも多いとか。





パーツの写真も撮ります。
石張り部分を撮っていますが、この石はセメント成形板ではなく、天然石なので濡れるととても鮮明に写真に写ります。
撮影写真は当社ホームページのパーツとしてアップさせていただくことがあります。

2016.06.07

昔の工事写真

山春建設の昔を偲ぶ写真が出てきました。
いろいろな工事現場がありましたねぇ・・

  
横浜の伊勢崎町で昭和40年代に造っていた、鉄筋コンクリートの事務所ビルです。
(地下2階・地上5階)
潜函工法(せんかんこうほう)という工事方法です。
①先に地上で、地下になる部分を造り、中から土を掘り出しながら沈めていきます。
②地下部分を沈下設置後、地上部分を通常に造っていきます。
この方法は、近隣に建物が近接し、広くオープン掘削ができない時に使用します。


昭和33~34年頃 山口県岩国市の米軍基地に送油管桟橋を敷設している工事です。
大きな会社さんの部分的な工事として参画しました。
遠浅海岸なので、送油管は普段海中に沈めておき、使用する艦船が引き上げて接続するようです。

2016.06.04

雨の季節の前に防水対策をしっかりと

梅雨の足音が聞こえ始めました。
今回の家は築40年を超えるコンクリート構造で、屋上の防水が経年劣化で痛みが激しいため、補修工事をしています。

   
高圧洗浄:高圧の水流で細かい隙間に入ったゴミや汚れまで洗います。

   
通気緩衝絶縁シート敷設 (今回はランスロック工法):
シートで防水層を造ります。シートは特殊なアンカーで、構造体コンクリートに
固定します。

   
ウレタン複合防水剤 吹き付け:
ウレタン系の防水剤を塗布します。防水材は2液性で、機械から別々のホースで
送られ、吹き出し口直前で混合します。

   
保護塗装:防水層を紫外線などから守る保護層を造ります。

省エネ住宅だけでなく、豊富な施工事例がありますので、当社開催のリフォーム相談会ではいろいろなご相談にお答えしています。

2016.06.01

山春建設 事務所が進化します

これからZEHなどの高度省エネ住宅が標準となってくる、2020~2030年に向けて当社の作業場兼事務所が進化していきます。
当社モデルハウスを見学したり、打ち合わせをされるお客様に更に分かりやすく体感空間を提供するためスペースの再配置を行う事になり、第一弾として作業場内の模様替えが始まりました。

  

新築関係の材料庫を移設し、その場所に新しい打ち合わせスペースを造る予定です。


イメージ

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カテゴリーリスト

カレンダー

«6月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.